データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【USBメモリを紛失した時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


USBメモリを紛失した時は?
USBフラッシュ・メモリ(USB frash memory)は小型で数百MB~数十GBの
大容量データを保存できる便利なメモリーカードで、外への持ち運びや
室内の別のコンピューターへのファイルの移動などにも役立ちます。

ただ、サイズが小さいメディアなので、うっかり落としたり置き忘れたりしても
気づきにくい点があり、突然紛失してしまうトラブルも発生しがちです。
また、悪意ある第三者による盗難の被害も稀に起こっています。

大事なデーターを記したUSBメモリが急にお手元の机の上や引き出し、
ポケットや鞄の中、保管庫の内部から無くなって紛失してしまうと
かなり焦ってしまうかと思われますが、ひとまずは冷静によく周りを
見直して、適切な対処をしていく事が非常に大事です。

破損したUSBメモリ

落とした道のりを探索


まずは一番最後に使っていた時の状況、または一番最後にUSBメモリを
見た時の場所を思い出して、そのポイントから順に今までのご自身の行動を
逆になぞるように探していきましょう。

外出中にどこかに落としたりして無くした場合、誰かに踏まれて壊れたり、
水溜りや溝の中に落ちてしまったり、第三者に拾い逃げされてしまったりと、
様々な紛失や破損のおそれがあるため、できるだけ早く探しに行きましょう。




運良くすぐに見つかった場合、念のためにメモリーカードが壊れていないか
帰ったらパソコンに挿入して開けるかどうかチェックして、また
中身のデータが勝手に書き換えられたりしていないかチェックをしましょう。

もしもの紛失や盗難に備えて、USBメモリには暗号化ソフトなどで
パスワード付きのフォルダを作成してセキュリティをかけておいて、
第三者に勝手に開かれないように施しておくとより安全です。

また盗難を防ぐために、なるべく普段は鍵の付いた保管場所の中に
しまって、外出時も鞄の中など落としにくいところに入れて持ち運びましょう。

いくら探してもUSBメモリが見つからなかった場合、それまでいた
社内や店舗、施設、交通機関にある落し物のお届け場所を尋ねてみましょう。
外で無くした場合は交番にも寄って、警察に紛失届けを出します。
何者かに盗まれたと考えられる場合は盗難届けを出します。

破損して壊れていた場合


USBメモリ本体が無事に見つかったとしても、もしも落とした時に
強い衝撃を受けていたり、歩行者や自転車、自動車に踏まれて割れていたり、
水の中に落ちていたりしてすでに壊れていたら、そのままでは
メモリの中身の記録を読み込めなくなってしまいます。

その場合は、破損したUSBメモリを丁寧に保管して、全国各地の
専門の『データ復旧サービス業者』に持ち込みや郵送で提出をして、
内部の回路から記録データを引き出せるかを診断してもらいましょう。

 






USBフラッシュメモリ | USBメモリー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-823.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.