データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【家電製品の不用品を回収処分に出す際】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


家電製品の不用品を回収処分に出す際
近年では家電製品にパソコンやプリンター、デジカメ、携帯電話、オーディオなど
様々な電子機器が加わってきて、またそれらのオプションである電源コードや
データ記録のメモリーカード、マウス、キーボード、スピーカー、リモコンなど、
非常に数多くの種類の電化製品が家庭内やオフィス内に多くなってきました。

その分、購入してから時間が経って使わなくなった古い機器や、
壊れて動かなくなった製品などの不用品も多くなっていく傾向になり、
物置や押入れ、引き出し、クローゼットにたくさん置いてあって
それらの積み重ねた分の処分に少し困られている方も多いかと思われます。

コンピューター、特にPC機器をいろいろ使われている方であるほど、
古くなって壊れたパソコン本体やプリンター、容量の低いデータ保存メディア
といった、使わない電子機器の不用品が多くなりやすいと思いますので、
数年に一回くらいの割合で一括でまとめて回収して処分する必要も出てきます。

手間は掛かるのですが、やはり家の中に不用品をいつまでも沢山置いておくわけには
いかないですし、家屋の大掃除と掛け持ちの家電製品回収処分に向けての作業を
ぜひ頑張ってみて下さい。




まずは大掃除をする事を前提に一日か二日予定を空けて、その日にまとめて
家の中を室内から押入れの奥まで整理整頓する予定を立てると効率的です。
大掃除の際に、使わなくなった家電製品や家具など、処分する予定の不用品を
一箇所に集めてまとめておく作業を優先的に行います。

まだこの先使うかどうか、不用品ごとにしっかりと確認して分けていきます。
特にPCやケータイ、メモリーカードは中に入っているデータをしっかりと
確認して、必要な分のファイルは必ずバックアップして残しておきましょう。

ハードディスクや保存カードは電子機器から全て抜いて、データの記録メディアを
別に分けて、業者に回収してもらう際には必ず、第三者からの勝手な復元を防ぐため
完全消去サービスで記録の痕跡を抹消してもらう作業を注文しましょう。
またはご自身でデータ完全削除ソフトを使って消去しても良いです。

ハードディスクやUSBフラッシュメモリ、SDカードなどが壊れていてバックアップが
できない時は、回収処分に出す前に、データ復旧サービスセンターに出して
中身のファイルを引き出してもらい、壊れたメディア自体もそのまま業者のサービスで
安全に処分してもらいましょう。

電化製品、電子機器、家具、データ記録カードという具合に種類を分けたら、
家電リサイクル券センターなどの専門業者にお問い合わせをして、
家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)に沿って回収をしてもらいます。

もし通常では業者の方で回収できない家具や製品が合った場合は、また別に
粗大ごみや危険ごみとして市町村の方に有料で引き取って廃棄処分してもらいましょう。

 






ハードウェアの症状 | 廃棄処分
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-821.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.