データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MFT(マスターファイルテーブル)を修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


MFT(マスターファイルテーブル)を修復するには?
MFTとは、Master File Table(マスターファイルテーブル)の略称で、
ハードディスクのNT File System(NTFS)のファイルシステム上にある
メタファイルを収納するためのデータ領域です。

パーティションの一つごとにMFTが作成され、そこに書き込まれた
ファイルの位置を記録しています。しかしこれが破損してしまうと、
パソコンを起動して読み込んだ時にFileを見つけられず、開けなくなります。

NTFSのMFTはそうそう破壊されるものではないのですが、ハードディスクを
ずっと頻繁に使っていると稀に破損してしまう事があります。




まず、そのままでは満足にコンピューターが使えません。
なので、事前にデータの方は外付けHDDなどにバックアップしていればいいのですが、
MFTの場合はハーティションのファイルが書き換わるたびに変更されるため、
バックアップから引き出すのではなく、破損したMFT自体を修復する必要があります。

まずはスタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒コマンドプロンプトと進み、
黒い画面で chkdsk c: /fと入力して、chkdsk(チェックディスク)を実行します。
(DドライブやEドライブの場合は chkdsk d: /f、chkdsk e: /f と入力。)

Windowsが開けなかった場合は、同梱の起動ディスクをCD/DVDドライブに挿入して、
回復コンソールを開いてコマンドプロンプトを起動します。

ただレジストリなどと同じく、MFTはパーティションの重要な領域であるため、
変更すると必ず修復できるとは限らず、逆にエラーや中断などでかえって
壊れて症状が悪化してしまうリスクもあります。

なので作業の前には先に、データのバックアップを確認して、場合によっては
先にパーティション内部のデータを差専門業者でコピーしてもらう事も推奨します。

 






パーティション変更 | コンピュータ関連
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-814.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.