データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ディスクユーティリティでMacのデータをバックアップするには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


ディスクユーティリティでMacのデータをバックアップするには?
Appleから開発されています最近のMacintoshパソコンに使われるオペレーティングシステム
「Mac OS X」で使用されているハードディスクドライブ、またはSSDに記録されたOSのデータを、
『ディスクユーティリティ』(Disk Utility)でバックアップするには?という際の手順について。

ディスクユーティリティ

まずはオペレーティングシステムのデータのバックアップを保存するための、
USBメモリや外付けHDD、RAIDなどの外部記憶装置をパソコンに接続します。

Macパソコンのデスクトップ画面から、Duckにある「Launchpad」を開きます。

「ディスクユーティリティ」をダブルクリックして起動します。

ファイルのメニューから、「新規イメージ」→「フォルダのイメージを作成」を開きます。

ディスクユーティリティのウィンドウ内部の左側にある項目から保存先のフォルダーを選んで、
「開く」→「OK」と進みます。

USBコネクタからデータ記憶装置を取り外して、保存は完了です。

※またはMac OS Xのバージョンによっては、「イメージ」→「新規」
→「フォルダからのイメージ」で「新規ブランクイメージを作成」で、「作成」を押して作ります。 

ほか、USBメモリや外付けHDD、クラウドストレージ、Dドライブ、RAID、NAS、DVD-Rなどの場所に
必要な分のファイルだけコピーするだけでも、一応データのバックアップになります。

また、Mac OS Xのパソコンを取り扱われたパソコン修理サポートでも、
複雑なバックアップの代行作業のサービスを実施されている店舗もあります。




データの消去と復元


パソコンからメイン以外のボリュームのデータを消去する場合には、
ディスクイメージを作って別の外部記憶装置にファイルをバックアップをした後、
今度はまたディスクユーティリティを開きます。

サイドバーのメニューにある、初期化してデータを削除する予定のディスクを選択します。

右側の[消去]タブを選んで、そして右下の『消去』ボタンを押して、データの削除作業が行われます。

この作業で選択したハードディスクやSDD、またはUSB機器のデータが初期化されます。

オペレーティングシステムに問題が発生して、バックアップしたイメージディスクから
復旧するには、ディスクユーティリティ画面の「編集」→「復元」と進みます。

復元元のディレクトリを選択して、「復元」を押します。

Mac OS Xのデスクトップ画面が正常に開けない時は、
commandキーとRキーを同時に押しながら電源ボタンを起動して、
「OS Xユーティリティ」を立ち上げて、ディスクユーティリティを開きます。

またはTime Machine(タイムマシン)の機能などを使ってパソコンの復旧を試みることもできます。

もし、まだ使う予定のデータが入っていたハードディスクを間違えて
ディスクユーティリティで消去してしまった場合は、すぐにデータ復旧サービスの
専門業者で検査を行ってもらえば、まだ痕跡から修復してもらえる見込みがあります。

 





Macintosh | Mac関連
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。








URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-812.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.