データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Macのディスクユーティリティでデータを消去】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Macのディスクユーティリティでデータを消去
アップル製Macintoshパソコンに使われるMac OS X(マック・オーエス・テン)で
使用しているハードでディスクドライブに記録していた全データを一度消去するには、
『ディスクユーティリティ』(Disk Utility.app)というツールで削除できます。

まずはMacのデスクトップ画面から「アプリケーション」を開き、「ユーティリティ」
→「ディスクユーティリティ」をダブルクリックして起動します。

消去をの作業を始める前に、先にまずバックアップを作るために、、
ファイルメニュー→新規→「フォルダからのディスクイメージ」を開き、
既存のフォルダ→イメージボタン→名前を指定して「保存」を押して作成します。

※または「イメージ」→「新規」→「フォルダからのイメージ」で
「新規ブランクイメージを作成」で「作成」を押して作ります。
 なお、USBメモリや外付けHDDに必要な分のファイルだけコピーするばけでも
 一応バックアップになります。




ディスクイメージを作って別の外部記憶メディア荷バックアップをした後、
今度はまたディスクユーティリティを開き、サイドバーのメニューにある、
初期化してデータを消す予定のディスクを選択します。

右側の[消去]タブを選んで、そして右下の『消去』ボタンを押して、
データの削除作業が行われます。

この作業で選択したハードディスクが初期化されるのですが、
もし今まで書き込んでいたデータを完全消去する場合は、専用の完全削除ソフトを
使って痕跡を消していくか、またはデータ消去サービスの方で中身を
復元不可能に抹消してもらうか、処分するHDDの破砕をしてもらいましょう。

なお、もしも間違えてまだ使う予定のデータが入っていたハードディスクを
ディスクユーティリティで消去してしまった場合は、すぐにデータの復旧を
専門業者で行ってもらえば、まだ痕跡から修復してもらえる見込みはあります。

 






Macintosh | Mac関連
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-812.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.