データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【iPhotoの写真画像が消えた時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


iPhotoの写真画像が消えた時は?
iPhoto[アイフォト]とは、Macのアップル社より製品開発・販売されている
Mac OS X用のデジタル写真画像の管理ソフトウェアです。
Macの総合ソフトウェア『iLife11』(アイライフ)に、iMovie、iDVD、iWeb、
GarageBandとともに、アプリケーションの一つとして付属されています。

デジタルカメラやiPhoneなどで撮影して保存した写真画像ファイルを
ライブラリのフォルダにコピー/移動で移した後、プリンターで印刷したり
デスクトップで閲覧、ウェブ上への公開、編集加工、壁紙への使用など
様々な用途で活用していく事ができる、便利なMac用ツールです。

最新バージョンはiPhoto 9.1.1(2011年1月時点。)

iPhotoの使用中に、アプリケーションの動作がフリーズしてしまい
強制終了した後で、iPhoto Library(アイフォト・ライブラリ)の
中にあった写真がなぜかみんな消えた、というトラブルの事例があります。

ですがこれは、iPhotoのソフトウェア内で読み込み不良が起きたためで、
写真の画像ファイル自体は削除されているわけではありません。

ライブラリへの再読み込み


もともと保存していた場所、例えばホーム(ユーザー名)⇒ピクチャ
⇒iPhoto Library(またはiPhoto/DATA)のフォルダなどの保管場所を
開いて探してみると、写真の一覧が残っているかと思います。

もしくはコマンドFの検索機能でイメージファイルをスキャンしてみましょう。
これをもう一度iPhotoメニューから『ライブラリに読み込み』機能で読み取れば、
またソフトウェアで使用できるようになります。

ですが、誤ってフォルダの画像ファイルを丸ごと削除してしまったり、
外付けハードディスクやUSBメモリ等の保存先メディアを初期化した場合は
写真データが消えてしまいます。

コンピューターウィルスの感染やHDDの故障などの様々なトラブルで写真が
読み込めなくなる事もありますので念のためにバックアップを取っておく事が大切です。




バックアップと移行


iPhotoではまずメニュー画面の[共有]⇒[ディスクを作成]をクリックして、
次にDVDドライブに記録用のCD/DVDディスクを挿入して、
右にある『ディスクを作成』ボタンを押してCD-Rなどに焼く事が出来ます。

他に、Time Machine(タイムマシン)の機能でコピーしても良いですし、
または外付けHDDやUSBメモリに手動でコピー&ペーストしても良いでしょう。
外部の記憶メディアに予備があれば、他の拡張子ファイルと同様に
いつでもMacパソコン本体へのデータ移行が可能です。

ただしバックアップしていなかった写真画像が消えてしまい、ごみ箱フォルダにも
残っていなかった時は、ひとまずコンピューターの使用を出来るだけ控えます。

Macintosh(Mac OS X)対応のデータ復元ソフトウェア『データレスキュー3』や
『メディアリカバーfor Mac』を購入してインストールし、データの痕跡が
HDDの領域内に残っているかお確かめください。

どうしてもiPhotoの消えた写真が復活できずにお困りの時には、全国各地の
Mac PCに対応されているデータ復旧サービスにお尋ねしてみる事を推奨します。

 






デジタルカメラの写真画像 | i Photoで撮った写真
コメント
iPhoto Library の再読み込み
OSX10.5(インテルMac)と同様に扱ってしまったのですが…。
iPhoto5をLiburaryに移動したが、再現する方法が分らないので教えてください。

移動する前は、iPhoto5はApllicationに、ピクチャーは書類にありました。
現在双方ともUserに入れてあります。

環境はOSXは10.4.11のPowerBookです。
よろしくお願いします。

小川美奈子

ライブラリを再構築
>小川 様

iPhoto5にバージョンを変更すると
それまでのバージョンで作成したiPhoto Libraryが
開けなくなる場合があるようです。

optionキーとcommandキーを両方押しながらiPhotoの
アプリケーションを開くと[iPhoto ライブラリ]の再構築を
行う場面が出てきますので、ファイルをバックアップした後に
各項目にチェックを入れて、実行してください。

Macパソコン内に保存した場所がもしわからない時は、
コンピューター内の「ピクチャ」フォルダに
「iPhoto Library」という名称のファイルがあるかと思います。

このファイルを右クリックして『パッケージの内容を表示』の項目を
開くと、『Originals』というフォルダの中に保存されています。
管理人

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-808.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.