データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードディスクに4GB以上のファイルを保存するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハードディスクに4GB以上のファイルを保存するには?
Windows MeやWindows98・95のパソコン、またUSB外付けハードディスクに
単体で容量の大きさが4GB(ギガバイト)以上ある巨大なファイル拡張子を
なぜか保存する事が出来ない、という疑問について。

まず、これらのHDDは『FAT32』(ファット32)という方式でフォーマットされている
製品が多く、単体で4GB以上あるデータを書き込みできない仕組みになっています。

Windows XP・NT・2000・Vista・7のパソコンに使われているハードディスクは
NTFS』(エヌティーエフエス)という不法式のファイルシステムが
使われていて、こちらには4GBを超えるファイルを保存する事ができます。
なので、FATまたはFAT32の方式を、NTFSに変更する事で解決できます。




NTFSへの変換の作業を行うにはまず、対象のハードディスクのデータを
他の記憶メディアにコピー&ペーストやドラッグ&ドロップなどで移行して、
初期化しても大丈夫なようにバックアップを取ります。

次に、HDDを接続してOSに認識させて、[スタート]⇒[ファイル名を指定して実行]で
『cmd』の3文字を入力してOKを押し、コマンドプロンプトの黒い画面を開きます。

この画面で『convert drive_letter:/fs:ntfs』と入力すると、
FAT32からNTFSに方式が変更されます。
(パーティションのDドライブやEドライブの場合は
『convert D:/fs:ntfs』 『convert E:/fs:ntfs』と入力。)

同時にフォーマットされて全てのデータが消去されますので前にコピーした場所から
ファイルを貼り直して、そして4GB以上の容量のデータを保存できれば完了です。
※注意点として、空き容量が4GB以上残っている記憶媒体である必要があります。

うっかり作業のミスで必要なファイルを消した時は、すぐにデータ復元のソフトか
専門の復旧サービスで修復の措置を行えば、まだ一定確率で元に戻す事は可能です。

 






外付けHDD | 外付けハードディスクのおすすめ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-806.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.