データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【カメラ機能で撮影した写真のデータ復元をするには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


カメラ機能で撮影した写真のデータ復元をするには?
デジタルカメラ」(digital camera)やデジタルビデオカメラなどの撮影装置で
作成した画像ファイル、またはほかのデジタル信号として記録する撮影装置や、
撮影機能を搭載したノートパソコンや小型のコンピューター端末で撮って
作成した写真やムービーのファイルを、誤って削除したり読み込めなくなったら、

どのように対処すればデータ復旧ができる?という際の、主なトラブル解決の方法について、
来訪者の皆さまからいただけましたご質問を元に、
トラブルシューティングの質問と回答の形で解説いたします。

デジカメ

まず、デジタルカメラをうっかり床に落として電源が付かなくなり、
写真データがまだ中に入ったままで、どうすれば取り出しができる?という場合について。

例えば、デジタル一眼レフカメラで撮った写真画像やムービーのファイルを
本体の内蔵フラッシュメモリーではなく、
SDカードやコンパクトフラッシュの方に記録するように設定を変更していれば、
たとえカメラが故障して使えなくなってもメモリーカードだけを本体から取り出せます。

USBカードリーダー/ライターを通して、
USBマスストレージクラス(USB Mass Storage Class)の規格からパソコンの
デバイスマネージャーで読み込んで、エクスプローラー画面で開くこともできます。

しかし、差し込んでいたSDカードの方まで割れていたり錆びて腐食していた場合は
コンピューター上で読み込みができない、というケースもあります。

SDメモリーカードやCFの中のメモリーチップが無事で割れたりしていなければ、
データ復旧サービスにて、保管していた写真ファイルを救出してもらえます。




次に、デジタルビデオカメラの録画データを間違えてフォーマット機能で
初期化して消してしまったら、後からでも復元はできる?という場合について。

端末のフラッシュメモリやSDカードには まだ完全にデータが削除されたわけではなく、
拡張子の痕跡」が上書きされずに残っている可能性が高いので、
削除した後であまりメモリーカードを使い込んでいなければ、
まだデータ復旧サービスに出して、失った拡張子を復元してもらえる見込みもあります。


次に、Canonの一眼レフデジタルカメラで使っている「microSDXCメモリーカード」に
バックアップして保存していたデータを、カメラのメニュー機能で初期化してしまい、
ここから写真画像を復旧するにはどうすればいい?という場合について。

まず、一眼レフデジタルカメラでSDメモリーカードの方に記録している写真の場合も、
もし画像ファイルが消えても まだ何も次の写真を撮って保存していなければ、
メモリーチップのセクタに残留した「痕跡」からいつでも引き出せる見込みがあります。

もし、パソコンを一台お持ちでしたら「ファイナルデータ」などの
データ復元ソフトの試用体験版をインストールします。

microSDXCメモリーカードをアダプターに装着してデジタルカメラに差し込んだまま、
USBケーブルを通して、パソコンのデバイスマネージャーに認識させて接続します。

SDカードをファイナルデータで読み込ませて、スキャンをして復元してみてください。

または、プロのデータ復旧サービス業者に、microSDXCメモリーカードを出して、
中身の写真ファイルが修復できるかどうかを見てもらうことをお薦めします。


次に、デジタルカメラで撮ってmicroSDHCメモリーカードに収めていた写真が
見れたり見れなかったりして、そこで初期化を実行したら、
写真のファイルがすべて消えてしまい、後から復旧はできる?という場合について。

まず、フォーマットされてしまったmicroSDカードを
デジタルカメラに挿入してUSBケーブルでパソコンに接続して開くか、
USBカードリーダー/ライターのコネクタに差し込んで読み込みします。

次に「ファイナルデータ」などの、フォーマット状態からの修復に対応した機能のある
データ復元ソフトのサービスで配布されている「体験版」をインターネットかCDディスクから
入手して、パソコンにインストールするかDVDブートで立ち上げて、スキャンを掛けてみます。

これで、消えてしまった写真のファイルが一通り検出できれば、
今度は「製品版」を購入してライセンスコードを取得し、実際の復元作業を実行します。

ですが、写真の数も多くなりやすく、また普通の削除ではなく初期化で消去されているため、
この方法でも成功の割合は半々くらいになることがあります。

パソコンからのスキャンで検出できない写真画像が多いようでしたら、
プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、microSDメモリーカードを診てもらってください。

システム的な「論理障害」という部類のトラブルなので、
復元作業の価格もある程度は安価で済むことが多いです。


次に、タブレット端末の本体に保存して、パソコンに同期化していないiPad(アイパッド)の
DCIMフォルダの写真やメールなどのデータを復元するには、
どういった方法がある?という場合について。

DCIMフォルダ

たとえば、iPadのスリープボタンの不具合で、新しいiPadと交換してもらうために
アイチューンズでバックアップを取り、新しいiPadでそのデータを復元したら、
一部のデータがバックアップされていなかった、ということがあります。

その状態で、そのデータがないまま新しいiPadで写真を撮影して保存をしたら、
前から保存していた写真データがすべて消えてしまい、
それらのファイルを復元することはできる?という問題の解決としまして、

まず、クラウドサービスのiCloud(アイクラウド)への登録を有効にしていれば、
パソコンに同期して外付けHDDやRAID、NASなどにデータをバックアップしていなくても
そちらに保存できている可能性があるので、
設定を確認してオンラインストレージをチェックされてみてください。

iCloudに写真ファイルなどが保存されてなかった場合には、
自身で復元を試みる際にはデータ復元ソフトを購入する必要があります。

より確実な方法としてはやはり、 iOSのアップル製品のコンピューターを請け負われている
データ復旧サービスにて 論理障害での対応として注文されてみることをおすすめします。

 





デジタルカメラの写真画像 | カメラ機材
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。








URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-80.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.