データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【VMware Workstationの仮想化マシンのデータ修復】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


VMware Workstationの仮想化マシンのデータ修復
VMware Workstation(ヴイエムウェア・ワークステーション)とは、
アメリカのコンピュータ用ソフトウェア開発・製造メーカー『VMware』から
販売されている、デスクトップ仮想化製品のソフトウェアです。

デスクトップ仮想化とは、コンピューターの中にソフトウェアで仮想マシンを作り、
サーバ仮想化と同じく、デスクトップ環境を改良してWindows等のOSで運用出来る
VDI(Virtual Desktop Infrastructure:バーチャルデスクトップインフラストラクチャ)
という技術です。

仮想機械の運用


仮想機械(バーチャルマシン)の作成をすればパソコンやサーバー1台(1組)でも
複数のOSや違うアーキテクチャのソフトウェアを使用して、
複雑なパターンでの作業を同時に行える、などのメリットがあります。

ただ、あくまで1台のハードウェアの中で複数のコンピューターを仮想化するため
PCやサーバ本体の性能を十分に高くする必要があり、もしパーツの性能が低く
動作環境が満たないと、読み込みの処理速度が遅くなったり、場合によっては
途中でエラーやフリーズが起きて、十分にメリットを生かせない可能性もあります。

また、ソフトウェアによってはライセンスを新しく取得する必要も出てきます。

VMware Workstationをはじめとする仮想化マシンの環境では取り扱うデータの量も
通常で使用しているパソコン環境よりも膨大なものになるため、
ハードディスクに保管しているファイルや、システムの設定状況の保護も重要です。




VMware Data Recoveryの導入


まず、データのバックアップ方法として、同じヴイエムウェア社から開発されている
【VMware Data Recovery】(ヴイエムウェア・データリカバリー)という
バックアップソフトウェアを購入して、マシンの保護に使われるのがお薦めです。

VMware Data Recoveryで仮想化されたディスクベース内すべてのデーターを
そのままバックアップして、コンピューターの外部にも管理して保護します。
もし設定変更をミスして上書きしてしまったり、誤って必要なファイルやソフトを
削除してしまってもバックアップを取っておけばいつでも元に戻せます。

またVMware Data Recoveryには、パソコンやサーバ、ワークステーションの機械が
物理的な故障や災害によるダメージで破損してしまっても迅速に修復するための
ディザスタリカバリ・ソリューションの構築も実現できます。

しかし、バックアップソフトで予備データを保管していない内にトラブルが
発生してしまった場合は、一応WindowsなどのOSに対応されている
データ復元ソフトウェアをインストールすれば、簡単なファイルの修復なら
早い内にならまだ何とか復旧できる見込みもあります。

ですが、システム障害やコンピューターウィルス感染、ハードディスクの故障などで
もしマシンが全体的が破損してしまった場合は、全国にあります専門の
データ復旧サービスセンターの方で、詳しく診てもらわれる事を推奨します。

 






データベース | 仮想環境の導入
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-795.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.