データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【消去したファイルを復元できる実行可能な期間は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


消去したファイルを復元できる実行可能な期間は?
うっかり間違えて大事なファイルのデータを消してしまったけど、
すぐに復元させないと元に戻せなくなるらしい?という疑問について。

デスクトップ・コンピュータ(desktop computer)やノートブックPCの内蔵HDD、
SSD、データ記憶カードメディアといった媒体からデジタル上で
ファイルの削除や初期化作業を行うと、基本的にすぐ消去されるわけではありません。

データ削除ミスの一例
  • フォルダ内を確認する前に「ごみ箱を空にする」を実行
  • Shift+Deleteキーで必要なファイルを抹消
  • レジストリクリーナーを使ったら一部のシステムが破損
  • まだ使うはずのアプリケーションを間違えてアンインストール
  • デジカメの記録用カードの写真画像をうっかり全消去
  • 「フォーマットしますか?」で勢いで「はい」を選択
  • バックアップを取る前にシステムの復元を使用

上記のようなトラブルでしたら、ハードディスクのセクタなど
記憶されている領域にまず、「このデータを削除しました」という認識
与える形になり、OS上からでは開いたフォルダから視覚的に見れなくなります。

ですがこの時点ではまだ大体の場合はデータ自体は残っていて、
これは一般的に「痕跡」と呼ばれています。




痕跡からの修復処理


この痕跡は、上から新しい別のファイルが空き領域に書き込まれていくと
上書きされていって次第に消えていきます。

ごみ箱ツールの容量が一杯になっていくと最大容量の関係で全部が保持できなくなり
新しくごみ箱にファイルが移動する度に古いファイルが消去されていきまして、
これと同じようなイメージですね。

データを消してから何時間経ったら、または何日、何週間の期間が経ったら
復元できなくなるというわけではなく、正確には新しい情報が記憶装置に
書き込まれるたびに古いファイルの痕跡が完全に消去されていく仕組みです。

なので、間違えて重要なファイルを消去した後でほとんどパソコンを
使わずにプログラム更新も控えていた場合は、ある程度時間が経っていても、
データ復元ソフトやデータ復旧サービスで回復できる見込みも高くなります。

ただ、最初はその事を詳しく知らない場合も多く、新しいソフトのダウンロードや
OSのアップデート、ファイルの保存を頻繁に行ってしまっていると
一部のデータの復活が実行不可能になる場合もよくあります。

Windowsの「システムの復元」や「シャドウコピー」、Macの「タイムマシン」
などの機能も同様で、復元ポイント(最後に自動バックアップされた日時)が
データを削除した日よりも後だった場合、その「すでに抹消されている状態」が
バックアップされてしまうため、一定の期間中に早く復元しなければなりません。

※最近ではファイナルデータのシリーズなど、直接パソコンにインストールを
しなくても実行可能なCDブート/USBブートの機能があるソフトも登場しています。
自分でハードディスク内部からの復旧をする際にはこれらがやや安全です。

また、たとえば旅行中にうっかりデジカメの写真を全コマ消去で消してしまった場合に、
ほかに予備のSDカードを持っていないためにそのまま写真を撮って保存し続けてしまうと
前のファイルの痕跡が上塗りされて、後で帰ってから消えた分の画像が復旧できないおそれがあります。

なので、データの復元の作業を行うまでの期間中は、新しく同じ記憶メディアを買って代用して、
それまでに使っていた方のカードやディスクは極力使わないように気をつけて下さい。

 





フォルダの消失 | 問題と解決
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-793.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.