データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【保存したファイルが見つからない時の探し方は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


保存したファイルが見つからない時の探し方は?
【保存】とは「そのままの状態で残しておくこと」という意味で、
コンピューターの用語としてはおなじみ、インターネット等のネットワーク上から
自身のパソコンやサーバー上にソフトウェアや拡張子ファイルを
通信回線の仕組みで転送してフォルダに保存する作業の事を指します。

逆に外部のコンピューターに自分のファイルを転送する事を対義語として【アップロード】と呼びます。

ユーティリティのプログラムは そのまま保存しただけではまだ使えず、
OSへのセットアップの手順を実行して初めて使用できる物も多いです。

保存したデーターは保存先の指定によって、コンピューターのドライブ全体のどこに
書き込まれるかがそれぞれ違う事もありますので、保存の実行でOKを押す前には、
どのフォルダに収納される指示になるかを、後で見つからない事が無いように確認する必要があります。

普通の拡張子ファイルでしたら、マイコンピュータ→ローカルディスク(C:)の
Documents and Settings⇒ユーザー名⇒My Documents(マイドキュメント)にある
マイピクチャ、マイミュージック、マイビデオ等の特殊フォルダに収納されます。

更に日付や種類によって分けていくなら、自分でも新しいフォルダを
右クリックで作成して、より細かい引き出しを作って保存していきましょう。

インターネットやCD/DVDディスクからインストールしたアプリケーションソフトウェアは
ローカルディスク(C:)⇒[Program Files]のフォルダ内に新しい専用フォルダが作られて保存されます。

またはディレクトリを指定して、外付けハードディスクやRAID、NASといった場所に書き込み、
データを二重にバックアップして、いつでもリカバリーができるようにすることもできます。

セットアップしたソフトの起動用アイコンがデスクトップやスタート画面の
すべてのプログラム欄に表示されず、どこにあるか分からなくなり見つからない時は
まず[Program Files]のあたりを開いて、探してみましょう。
(OSの種類やバージョンによって、フォルダの表記名や位置は多少異なります。)




ドライブ内部のどこを探しても見つからない場合は、試しにもう一度
「名前を付けて保存」などのアクションを繰り返してみて、保存の直前にどこのフォルダに
書き込まれるように設定されているかをチェックして探してみましょう。

この方法で位置が見れないパターンの時は、対象のファイル名がわかるようでしたら
スタート⇒マイコンピュータ⇒ローカルディスク(C:)と開いて
左側にある虫眼鏡アイコンの【ファイルまたはフォルダを検索する】を押します。

そしてファイルの名称や保管したドライブ先、更新日時など、わかる部分を記入して
『検索』を押し、ドライブ全体のスキャンを実行する探し方が最適です。
そこで該当する名前のファイルやフォルダが表示されたら検索成功です。

ですが稀に、上書き保存に失敗していてプログラムが書き込まれていなかったり、
もしくは壊れている、というトラブルが出ている事もあります。

その際には一度『プログラムの追加と削除』でアンインストールして、今度はもう一度
保存するファイルを良く調べて再度インストールや「名前をつけて保存」を実行されてみて下さい。

相手先のサーバにある保存用のファイル自体が破損していると思われる時は、
電話やメールで作成者か管理者に連絡を取って、対象のデータの復元を依頼されてみて下さい。

 





フォルダの消失 | ダウンロードサイト
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-782.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.