データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ユーザープロファイルを読み込めませんでした、と出た時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ユーザープロファイルを読み込めませんでした、と出た時は?
Microsoft Windows(ウィンドウズ)のOSで使われている
「ユーザープロファイル」【user profile】は、コンピューター上で
ユーザー別のプライベート用にログインできるように設定した特殊なフォルダです。

要約すると使用者ごとにそれぞれ展開・使用ができる、保護された特別な領域です。

(注意:『ユーザープログラム』(user,s programs)は
ユーザーが開発したプログラムの事で、ユーザープロファイルとは別のものです。)

ですがある時、普段どおりにユーザー別でのログオンが急に失敗してしまい
アクセスできないようなアクシデントが出てしまう場合があります。

ユーザープロファイルが読み込めませんでしたので、
既定のシステムファイルを使ってログオンしました。


というエラーメッセージが表示されて、こうなると違う設定環境で開かれて、
ユーザープロファイルに保存してあったHDDの重要なデータが開けなくなってしまいます。

(初心者の方には少し難しいかもしれない作業が多いので、無難に直したい時には、
 専門のパソコン修理サポートやデータ復旧サービス業者の方に注文して、
 初期診断を受けてから修復の作業を行ってもらってください。)




このトラブルが出た場合、まずは一度Windowsをシャットダウンして再起動します。

BIOSの画面が映ったときにキーボードのF8キーを連打して、
ブートの起動設定の画面で「セーフモードで起動する」と選択してパソコンを開きます。

これでデスクトップを開いたら、次にスタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ
⇒システムツール⇒『システムの復元』を選んで起動します。

そして前回の復元ポイントまでシステムを遡って修復し、
これでユーザープロファイルが開ければOKです。

またはWindosの起動ディスクをCD/DVDドライブに挿入して、
システム回復オプションの「スタートアップ修復」か、「システムの復元」を
実行してシステムファイルの破損状態を修復させてみましょう。


もしくはコントロールパネルのユーザーアカウントの項目を開いて
新しいアカウントを作成して一度そちらでWindowsを開き直します。

その後でDocuments and Settings(ドキュメント・アンド・セッティング)、
またはマイドキュメントやマイピクチャなどのフォルダにある
前の古い破損したフォルダを開いて、
新しい方のユーザー名フォルダにデータをコピーペーストで移行しましょう。

一度パソコンからハードディスクを取り外して、別のパソコン本体に
Dドライブとして増設したり、外付けHDDケースに入れてリムーバブルディスクとして
WindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderから開く方法も使えます。

(※ユーザーのアクセス権限がなくて読み取りできない場合もあります。)

しかしユーザープロファイルを読み込めないだけでなく、
もしも他のデータもまとめて開けなくなったりファイルが壊れてしまったら、
普通のユーザープロファイル破損とは違う深刻なトラブルである可能性もあります。

その場合は、OSのリカバリー作業を行うか、またはやはり専門の
パソコン修理サポートセンターやデータ復旧サービス業者への依頼をして
ユーザー設定などを修復してもらわれる事をおすすめします。

 






Windowsの問題解決 | プロフィール
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-771.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.