データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【パソコンの液晶画面が壊れた時にデータを救出するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


パソコンの液晶画面が壊れた時にデータを救出するには?
デスクトップパソコンに接続する「液晶ディスプレイ」
(LCD;Liquid Crystal Display/リキッド・クリスタル・ディスプレー)や、
ノートパソコンをはじめとするコンピューター機器に付いている液晶画面が壊れてしまい、

オペレーティングシステムを起動してもデスクトップやスタート画面が映らなくなり、
ハードディスクやリムーバブルディスクなどの保存データが読み込めなくなった場合について。

[おそれながらページの内容を少し変更させていただきました。]

液晶画面

モニタのトラブル事例


・床や硬い地面に落として画面が割れてしまった。

・圧迫や強打などの強い衝撃を受けてヒビ割れしてしまった。

・液晶画面に大きな傷が付いて、モニターの一部が見えなくなった。

・システム的なトラブルで画像の表示が出来なくなった。

・バックライトや液晶パネルなどの部品が壊れて正常に映らなくなった。

・真夏の高温による過熱で故障してしまった。



まず、液晶パネル(Liquid crystal panel)という液晶ディスプレイの表示部に故障が発生して
画面が映らなくなると、
キーボードやマウス、ボタンを押してもどのように表示されているか見れなくなります。

なので、たとえ電源は付いてシステムに問題がなくても、そのままの状態では
普通に使用するのが難しくなってしまいます。

また、モニターの表示装置が割れた状態を長時間放置しておくと、
液晶パネルや偏光版、ガラス基板、カラーフィルター、配向膜、導光パネル、バックライト、
蛍光管、フレームといった部品の破損した部位から小さなゴミや湿気、埃、水分などの
異物が入って故障が悪化する危険もあります。

あまりそれ以上は無理にモニターを使用されずに、一度ディスプレーの製品、
またはノートパソコンの本体をNECやAppleなど、
製造メーカー先の修理サポートに出してモニタ画面が直るかどうか、見てもらいましょう。

メーカー製品の機種にもよるのですが、私設のパソコン修理サービス店でも
割れた液晶画面の交換による修復作業を行ってもらえる業者も全国各地にあります。

しかし急な故障のためにすぐに中身のデータを救出したい、という場合について、解説していきます。




(注:もしモニターやパソコンこ故障が物理的に損傷が激しかったり、
過電圧などでバッテリーや電源ユニット、マザーボードにも破損が見られたら、
それ以上は起動させずに、専門のパソコン修理サービスで診てもらってください。)

モニタ

モニターとHDDの交換


まず、もしデスクトップパソコン一台、ノートパソコン一台など、
PCを二台以上お持ちであれば、どちらか一方にもう片方のマシンに搭載された
ハードディスクをドライブベイから取り出して、増設や外付けで読み込みする方法があります。

デスクトップPCの液晶ディスプレイが壊れた時は、
外付けHDDケースをお持ちであれば3.5インチのハードディスクを差し込んで、
ノートパソコンにUSBでバイス(リムーバブルディスク)として読み出します。

ノートブック型PCの液晶画面が壊れた時は、もしそのマシンの側面にディスプレイケーブルを
接続できるコネクタが付いていれば、デスクトップパソコン用の液晶ディスプレイを
そちらに差し込んで代わりの画面として一時的に使用する事もできます。

ディスプレイケーブル

また、この方法ならコントロールパネルの「ディスプレイ」や「デバイスマネージャー」で
一応状態を確認する事もできます。

(動作環境によっては互換性が合わずに画面が映らない場合も多いです。)

または2.5インチHDDを取り出して変換マウンターに設置して、
デスクトップPCのケースの空いたドライブベイに差し込みしてDドライブとして開きます。

※Macbook AirのSSDの場合は、専用の外付けSSDケースの購入が必要です。



その後にそのまま修理サービスへの注文で液晶モニターが直れば良いのですが、
しかし液晶画面の付近のパネルの破損がかなりひどかったり、
電源回路やスイッチボタンなどのほかの重要な部品やシステムも一緒に故障していると、
修復が不可能で新しい機種への交換しか出来ない、という事もあります。

その際には、ノートパソコンの機能がまだ生きていてアクセス可能な状態であれば
新しく購入するマシン本体の方に、今までに作成した連絡帳のアドレスリストやメールの送受信分、
インストールしたアプリケーションや、カメラ機能の写真画像やテキスト関連のファイルなどの
主なデーターを移行する作業が必要になります。

ですが、もしパソコン本体の故障の度合いが大きく、マザーボードやCPU、HDDなど
他のパーツまでが壊れていてアクセスが不可能で、また接続装置なども持っていない際には、
そのままではデーターのバックアップと移行が難しくなります。

その場合は、修理サポートとは別に、専門のデータ復旧サービス店に依頼をして
 の中身の分解とサルベージによる修復を行ってもらわれる事をお薦めします。

 






デスクトップパソコン | 液晶
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-753.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.