データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【一時ファイルが保存場所から削除された時に復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


一時ファイルが保存場所から削除された時に復元するには?
一時ファイル(テンポラリーファイル:temporary file)とは、
アプリケーションソフトウェアのプログラムがパソコンOSの動作上の理由で、
ハードディスクドライブまたはSSDの記憶領域へ一時的に作成する
ワークファイル(work file)の事を指します。

主にIEやFirefox、Google Chrome、Safariといったウェブブラウザから見た
インターネットの閲覧履歴や、Excel・Wordのtmpファイルなどがあります。

一応テンポラリ・ファイルは一定期間、マイコンピュータ上にある特定の
フォルダの保存場所に保管されています。

置き場所はWindowsやソフトウェアによって違うのですが、例えばインターネットの
閲覧履歴でしたら、Documents and Settingのユーザー名フォルダにある
Local Settingsの『Temporary Internet Files』などの位置にあります。

(大抵は隠しフォルダなので通常では表示されないようになっています。)

これらの一時ファイルは新しいデータが書き込まれたり、アクセサリ機能の
ディスククリーンアップを使った時に不要な部分として削除される場合が多いです。

そのため、ある日突然閲覧履歴またはクッキーの一部が消えて特定のページが
急に見れなくなったり、アプリケーションソフトウェアの使用パターンが
リセットされて手順がわからなくなる、といったトラブルも稀に出る事もあります。




一時ファイルを保存場所のフォルダから確認したら消去されていて、
もう一度表示したい場合は、システムの復元などの機能を実行してみましょう。
(Macintoshの場合はシャドウコピーなどの機能を使います。)

スタート⇒コントロールパネル⇒クラシック表示に切り替える⇒システム
⇒システムの復元と移動し、有効になっている事を確認します。

次は、すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒「システムの復元」で、
前回の復元ポイントの日時を確認します。

ディスククリーンアップやソフトウェアの更新で閲覧履歴が削除された
と見られる時間帯より前に復元ポイントがあれば、その時まで
OSの状態を遡って元に戻せる可能性は高いです。

ただ、復元を実行するとポイント日時以降の分の更新データが消えるため、
事前に他の外付け記憶メディアへ必要なファイルをコピー&ペーストするか、
OSのイメージバックアップを取ってから行いましょう。

そして無事に一時ファイルが見つかってIE8/Firefox/Google Chrome/Safariなどの
ウェブブラウザ、またはその他のソフトウェアで再び閲覧ができましたら、
また消えてしまう前に手順のメモを取るか、正式な拡張子ファイルで保存しましょう。

もう一つの方法としては、データ復元ソフトウェアを購入してインストールし、
保存場所のフォルダをスキャンして検出してみる方法です。

一時ファイルはごみ箱に移動しないですぐ消えてしまう拡張子なので、
必ずしも復元ソフトウェアから検知できるとは限りません。

より高確率で修復をするには、プロのデータ復旧サービスセンターに
パソコンまたはHDDを出して、フォルダを診てもらう方法が望ましいです。

 





インターネットのトラブル | インターネットの利用
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-744.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.