データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【USBメモリが故障して反応しない状態から復元するは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


USBメモリが故障して反応しない状態から復元するは?
USBメモリ [Universal Serial Bus memory card・ユーエスビー]の
データ保存カードが故障して、パソコンのUSBコネクタに接続しても
全くデバイスマネージャに反応しなくなった時の原因と復元の方法について。

USBフラッシュメモリー

まず、USBメモリの書き込みファイルのみが破損している状態でしたら
まだ改めて他のデータを上書きするなどして使い直す事は可能です。

しかし、以下のような原因でカード本体が物理的にクラッシュしていると
残念ながらUSBメモリそのものを直す事は大変難しく、
もし修理が可能だとしても高い修復費用が掛かる場合もあります。

クラッシュで認識しない事例


・数千回、数万回とデータの書き込みを繰り返して製品の寿命が来た。
・強い衝撃で差込み口や内部の回路が割れたリ傷が付いた。
・水溜りに落としてしまったり、洗濯機と一緒に洗ってしまった。
・高熱、低温の場所に長時間放置して、USBフラッシュメモリが傷んだ。
・うっかり足で踏んだり、硬い地面に落として割れてしまった。


特に、ケースにヒビが入ったりしてメモリの回路が外気に触れてしまうと小さなゴミやケースの破片、
湿気などが侵入して重度の物理障害が出てしまい、パソコンで完全に反応しない可能性が高いです。




しばらくUSBメモリを置いて機器を冷ましてから、今度は別のUSBコネクタに差し込んで
もう一度読み直してみると、一回か二回だけまた開ける、ということもあります。

その際にすぐ必要なすべてのデータをバックアップする形で復元します。

まず、物理的に故障したUSBメモリの回路を一般個人の範囲で復元することは出来ませんので
決して中身の分解などはされないようにご注意ください。

必ず、購入先のメーカーサポートなどの専門の業者に診てもらいましょう。

ただ、最近では16GB、32GBの大容量のUSBフラッシュメモリも価格が安いので、
買い替えをされるのがやはり一つの解決方法としても妥当なところです。

ですが重要なファイルやプログラムが故障したカードに書き込まれていて、
バックアップデータも無いので何としても反応しない状態を直したい、
または大事なデータを引き出したい、という場合もあるかと思います。

そんな時は、ひとまずUSBコネクタからフラッシュメモリを抜き、
データ復旧サービスセンターの店舗の方で、破損して反応しないUSBメモリ本体の
状態を診てもらいましょう。

記憶回路が無事であれば、そこから他の記憶媒体にデータを移し換えて復元してもらえます。

 





USBフラッシュメモリ | フラッシュメモリ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-732.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.