データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【RAIDの喪失データをサルベージするには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


RAIDの喪失データをサルベージするには?
RAID(レイド:Redundant Arrays of independent Inexpensive Disks)は
数台のハードディスクドライブを組み合わせる事でコンピューターの大容量化、
読み込み速度の高速化、そしてデータの安全性の向上を実現した装置です。

RAIDのケース

複数のHDDのディスクユニットに同時にデータが書き込まれているため、
もしもどれか1台が破損したとしても他の装置から読み出して
そのままシステムを中断させる事無く作業を続行する事も可能です。

RAID0(ストライピング)の規格ではただデータを分散して書き込んでいる
だけなので物理障害への耐性はむしろ普通のパソコンより低いのですが、
RAID1(ディスク・ミラーリング)の規格でしたら故障したHDの代役になります。

またRAID5やRAID6も、ディスクアレイの一部が故障した時に、
組み込んでいるハードディスクが1台でもまだ破損していなければ、
そのディスクファイルやソフトウェアプログラムのサルベージ作業を行い、
別のパソコンや外付けHDDにコピーする事でデータの損失を防止できます。

その後、故障したハードディスクは新しい製品に入れ替えをして、
一旦RAID全体の構築を見直した後で改良するなどしてから、再び運用しましょう。

しかし壊れたHDDの存在に気づかなかったり、新品への交換修理が遅れて
時間が経つにつれて、ディスクアレイ全体にも負荷がかかり、
寿命の近いドライブから順に次々と破損していくおそれもありますので、
出来る限り早急に破損した箇所の換装により修理を行いましょう。




ファイルの削除ミスによるトラブル


RAIDシステムは落雷や水害、火災といった災害にでも遭わない限りは
そうそう簡単にはディスクアレイ全体が物理的に同時に壊れる事はありません。

そのかわり、ハードディスク全てに同じデーターを保存する仕組みのため、
フォルダやごみ箱の必要なファイルを間違えて削除したり、大事なソフトを
アンインストールして消去すると、全部のデータが同時に消えてしまいます。

物理障害に高い耐性がある反面、論理障害には無防備であるため、
他の外部記憶メディアにも定期的にバックアップデータを取リましょう。

もし大事なファイルを失ったり、OSが破損して読み込み出来なくなっても、
バックアップさえあれば他のパソコンにサルベージする事も出来ます。

もし急なRAIDトラブルで予備のデータがバックアップできなかった時は、
ひとまずそれ以上は大きな稼動を控えて、ファイナルデータ9.0などの
ファイル復元ソフトウェアで消えたフォルダの箇所をスキャンして、
無くなったファイルが検出できたらサルベージ作業を実行してみましょう。

もしソフトウェア機能の診断で何も検出できなかった時は、RAIDの
ハードディスクを一台取り外して、プロのデータ復旧センターに診てもらい、
なくなったファイルの痕跡からの修復作業を行ってもらいましょう。

 






RAID・ミラーリング | RAID
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-730.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.