データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【個人専用のデータ復旧受付サービスの違い】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


個人専用のデータ復旧受付サービスの違い
家庭で使っているパソコンに入っていたハードディスクが故障してしまったり、
デジタルカメラのSDメモリーカードに保存していた写真ファイルをうっかり
消してしまった場合など、個人で使用している機材や記憶メディアのデーターを
復旧する際の個人専用の受付窓口は、普通の申込先とどう違う?という疑問について。

近年ではPCやデジカメ、家庭用サーバ、USBメモリ、iPod、携帯電話など、
個人で購入して取り扱う電子機器が広く一般的に普及してきたため、
日本全国の各都道府県にありますデータ復旧サービスセンターの店舗でも
個人専用の窓口と、法人専用の窓口とに分けられるようになりました。

家庭内で取り扱う小型のパソコン機器と企業で取り扱うプロフェッショナル用の
大型コンピューターとでは機材の規模や台数、またデータの容量の大きさや
ソフトウェア、システム等の複雑さが大きく違います。

そのため、例えば大手企業で使われている大型のサーバやワークステーションの
大容量データを修復する際の料金と、ホーム用のパソコンやメモリーカードの
復旧をする際の価格が同じであると一般の方にとって費用が高額で厳しくなるため、
個人の方に親切な値段である専用の注文コースが用意されています。

個人対象の専門コースで注文をする場合、ほとんどの記憶メディアの最大容量が少なく
コンピューター機器の台数も限られていますので、全体的に費用は大分割安です。




法人はいわゆる、会社をはじめとする社団や財団、事業の方を指し、
企業でデータの復元を依頼する際には法人専用の窓口で申し込む事になります。

作業料金は個人専用のコースより高めなのですが、法人でのみ受けられる
特急コースや割引プランが用意されているサービス、といった所もあります。
(※また、一般の方より法人の方が順番が優先になる場合もあります。)

ただ、ハードディスクの物理障害や携帯電話の水没、SSDの寿命による損壊、といった
物理的な破損により電子機器の記憶装置部分が故障している場合は、
やはり個人専用の対応コースでも料金は高めになり、お預かり期間も長くなります。

個人・法人で受付窓口が振り分けられているか否かは各地の
データ復旧サービス業者の運営により異なりますので、一般の方で
復元サービスへの注文を行われる際の一つのご参考に頂けましたらと思います。

 






データ復旧サービス会社 | 障害対応
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-729.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.