データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ZIPやLZHの圧縮ファイルが開けない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ZIPやLZHの圧縮ファイルが開けない時は?
日本国内でメジャーで使われています圧縮データ形式の
.ZIP(ジップ)や.LZH(LHA)ファイルをダウンロードしたり、
一度圧縮してからもう一度解凍して開こうとした時、なぜか開けない?
という時の対処方法について。

まず考えられます主な原因としては、圧縮形式からの解凍作業が出来ていない、
というパターンがあります。

+Lhaca』等のファイル圧縮/解凍ソフトウェアをパソコンのOSに
しっかりとダウンロードして「プログラムの追加と削除」を見て
インストールが出来ている事を確認しましたら、デスクトップに
アイコンが表示されている状態を確認します。

そのアイコンをダブルクリックして、解凍先のフォルダの位置を指定したら
ZIP/LZHのファイルをアイコンの位置にドラッグ移動します。

後は自動的に解凍されて、指定したフォルダにファイル群が追加されますので
拡張子に対応されていますアプリケーションのプログラムから開いてみましょう。

(※ただしパソコン内にその拡張子を展開できるソフトウェアが一つも
セットアップされていないと、解凍しても開けないため、ご注意下さい。)




また、ソフトウェアによっては.rarや.cab、.tar、.gcaなど
その他の圧縮形式ファイルの場合、対応されていないものもありますので、
拡張子によって事前にダウンロードする解凍ソフトを選びましょう。

ただ、プログラムの記入ミスやコンピューターウイルスの感染、
コピー時の書き込み失敗といった原因でファイルが破損しているために
開けない事もあります。

その際にはもう一度.zip/lzhファイルをダウンロードするか、
または再度作成してやり直してみて下さい。

しかしデータの代わりが無い場合は、破損の原因の一部を[ファイナルデータ2009]
などの復元ソフトで拡張子を元の正しい状態に修復して直せる場合もあります。

ですが、ファイルの破損具合によっては専門店のデータ復旧サービスセンター
でしか直せない事もありますので、初めから専門業者の方で
復元してもらった方が結果として手間が掛からず費用も安く済む事も多いです。

 






プログラムが開けない | 圧縮解凍ソフト
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-723.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.