データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【電子部品等を安全に使用する際に製品データシートを確認】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


電子部品等を安全に使用する際に製品データシートを確認
データシート(Data Sheet)とは、主に半導体など複雑な電子デバイスや
コンピューター機器、または化学物質や廃棄物などの取り扱いの際に
注意するポイントの安全確認が記載された媒体の事を指します。

ICチップや真空管といった電子部品、または医薬品などの物質は取り扱いを
間違えると故障したり、場合によっては大変な事になる可能性もあるため、
厳重に製品安全データシートでチェックをしながら作業を行う必要があります。

パソコンやコンピューター製品の難しい操作を行う場合でも、
わからない所が多い時は取扱説明書や専門のマニュアルを参考にして
少しずつ手順を覚えながら安全に使用していくのが望ましいです。

またもう一つの意味として、マイクロソフトオフィスのエクセルやワード、
パワーポイントなどのオフィス用ソフトウェアの中にデータシートと呼ばれる、
グラフを作成する時のデータ入力・編集の機能もあります。

作業時の安全を重視


法人や個人の中で安全確認のためのデータシートが必要になったけど
手元に無いという場合は、もしもの手順の間違いによる失敗を防ぐため、
そのまま手探りで作成や実験の作業を行わず、些細な事でも
極力データシートを取り寄せて手順を確認してから行うようにしましょう。




データシートの記入をした電子ファイルを間違えてパソコンや外付けHDDから
削除してしまった場合は、まず「ゴミ箱」のフォルダーを開いてチェックします。

もしゴミ箱になかった場合は、オペレーティングシステムのバックアップシステムや
特殊なユーティリティー、またはインターネット上のクラウドサービスなどを開いて、
同じファイルがコピーできているか、一通り見てみましょう。


お手元に無い時はPDFファイルで書かれた説明書をインターネットから
ダウンロードしたり、専門の企業から注文して郵送やファックスで
取り寄せをしてもらう、といった方法で調達してみましょう。

以前に自分、または社員の方が製作した製品安全データシートのファイルが
パソコンからいつの間にか消えていたり、間違えて削除してしまった時、
または保存したハードディスクやSSDが故障して開けなくなった時は、
痕跡が残っているうちに専門のデータ復旧サービスで復元してもらいましょう。

 





ハードウェアの症状 | 説明
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-721.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.