データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【イメージバックアップでOSを保存する方法とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


イメージバックアップでOSを保存する方法とは?
パソコンまたはサーバーに搭載しているWindows7やXP、Mac OS X等の
OS(オペレーティングシステム)が破損したり、レジストリなどの
重要ファイル部分が壊れると、起動が出来なくなってしまいます。

その場合は起動用ディスクからOSを再インストールして物流時の状態に
初期化すれば、パソコン自体の機能は大体回復できます。

しかし、デスクトップのスクリーンセーバーやお気に入りブックマーク、
アイコンやアプリケーションの配置、他、各種カスタマイズしたものが
全てフォーマットされてしまい、購入した頃の状態に戻ってしまいます。

また、ハードディスクドライブが寿命などで故障した時も、
これらのOSのカスタムした設定は全て読み込めなくなります。

そんな時のために、普通のファイルやフォルダだけでなく、
WindowsやMacのOSを全て「ディスクイメージ・バックアップ」で
保存が出来る方法もある事をご存知でしょうか?

通常、単純にOS中のファイルやフォルダを全部外付けHDDにコピーしただけでは
後から初期化したりHDDを交換して直したパソコンにそのまま貼り付けても、
全ての必要なデータがコピーできているわけではないので
オペレーティング・システムとして機能できません。

そこで、イメージバックアップという専門の手法を予め行う事で、
OSの状態ごと予備として外付けHDDなどに保管します。




まずWindows OSの場合は、ノートン製品など、市販で売られている
バックアップ機能のライティングソフトウェアが必要になります。

ハードディスクドライブのファイルシステムの中身と構造が保管された
ディスクイメージ(disk image)と呼ばれた特殊なデーターにして作成し、
これによりマスターブートレコードといった通常では保存できない
セクタ部分などもまとめてコピーしてバックアップできます。

アプリケーションソフトの『イメージファイルの保存』といった機能を選び、
ポータブル・ハードディスクなどの媒体に書き込みましょう。

Macの場合は「Disk Copy」または「ディスクユーティリティ」の搭載ツールで
ディスクイメージの抽出を行う事ができます。

しかし、もしもイメージファイルを取る前にすでにハードディスクが
故障してしまった場合、OSの方は破損していなくてまだ無事であれば、
プロのデータ復旧サービスでHDDを分解して中身のデーターを
全て取り出ししてもらう事で、まだ後からバックアップができる見込みもあります。

 






バックアップ保存の手順 | ハードディスクバックアップ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-718.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.