データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【古いファイルを削除する操作手順】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


古いファイルを削除する操作手順
パソコンのハードディスクドライブを軽くしたりフォルダを整理するために、
以前のいらなくなった古いファイルを削除する基本的な操作方法について。

まずはスタートメニューからマイコンピュータを開いて、
ローカルディスクまたはマイドキュメントなどの場所から、
ファイルを保存してある使用フォルダの位置まで移動して開ます。

消去したいファイルやフォルダにマウスでカーソルを合わせて
右クリックを押して「削除」を押します。

一気に複数を選択する場合はShiftキーやCtrlキーを
押しながら、マウスをスライドさせて選んでいきましょう。

これでまずはゴミ箱ツールの方に移動されます。
(特別に巨大なファイルなど、移行の一部対象外のものもあります。
また、リムーバブル・ディスクの中にあったファイルは直接消去されます。)

ゴミ箱に移動させずに直接、容量ごとデリートしたい時は
Shift+Deleteキーを押してファイルを選択して、削除します。

これでごみ箱には移行されずに、直接の消去が出来ます。




また、すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒ディスククリーンアップ
の機能を使えばごみ箱の不要なファイルを消去するとともに、
他の場所にある古いディレクトリを圧縮して、HDDの容量を増やしてデータを整理出来ます。

デジタルカメラ等の機器からいらない写真画像などのデーターを消す場合は、
画面に表示された削除ボタンまたはゴミ箱アイコンを押す事で消去します。

注意として、一度消去した後では、データ復元の専門業者の方でなければ
完全な状態で全てのファイルを修復して元に戻すのが難しいため、
うっかり必要なファイルやシステムを消してしまわれないようにご注意ください。

また、パソコンやハードディスクドライブ、SSD、MO、CD/DVD-RW、USBメモリ
といったデータの記憶装置を廃棄処分して捨てる時は、安全のために
データ完全削除サービス業者の方で処分をしてもらう事をお薦めします。

 






コンピューター修理 | 削除したファイルの復活と完全消去
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-712.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.