データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【個人用フォルダ:pstファイルを修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


個人用フォルダ:pstファイルを修復するには?
Microsoft Office Outlook(マイクロソフトオフィス・アウトルック)は
Microsoftより配布されている電子メール機能付きの管理ソフトウェアです。

メールの送受信の他、連絡先や予定表、仕事、メモといったワーク用の
便利なツールが搭載されたオフィス向けの総合アプリケーションでもあります。

個人用フォルダのpstファイルやオフラインフォルダのostファイルを
マイコンピュータから開こうとしたり、Outlook2003または2007の
デスクトップからメニュー画面を起動した時、

プログラムエラーの発生でPSTファイルが破損して開けなくなったり、
電子メールの送信・受信ができなくなる時があります。

また、『ファイル<file_path>でエラーが検出されました。
すべてのメール処理機能を備えたアプリケーションを閉じて、
受信トレイ修復ツールを使用してください
。』

というエラー発生の警告バルーンメッセージが表示されてしまう
急なトラブルの事例が出た場合どうすれば修復できる?という疑問について。

まずはOutlookに搭載されている『受信トレイ修復ツール』を
使用してみましょう。

マイコンピュータの画面でMicrosoft Officeで虫眼鏡マークの
「検索」に『scanpst.exe』と入力して表示された項目を起動させます。

受信トレイ修復ツールで、破損したpstの拡張子が有るフォルダを
選んで、復元さを手順の指示に沿って実行してみましょう。

ただ、エラーの種類、損傷や削除の度合いによってはこのツールで
正常な状態に直せない場合もあります。




もしpstやostファイルの故障が何度も続いて困ってしまう時は、
Mozilla Thunderbird (モジラ・サンダーバード)など他の
ソフトウェアにメールのアクセスを切り替えしてみるのも一つの方法です。

どうしても直せずに破損したままの分の個人用フォルダのデータは、
Windows OS機能の『システムの復元』や予備のバックアップソフトから
引き出してみたり、または最寄りのデータ復旧サービス店舗の方で、
パソコンの持込か出張訪問で修復をしてもらわれる事をお薦めします。

 






電子メールの復活 | MS Office
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-709.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.