データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Shift+Deleteキーで削除したファイルは復元可能?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Shift+Deleteキーで削除したファイルは復元可能?
主にWindows OSのパソコンで使用できるファイル削除操作の方法の一つに、
Shift(シフトキー)+Delete(デリートキー)で消去する方法があります。

マイコンピュータやデスクトップ上のフォルダまたはファイルを選択し、
キーボードのSHIFTキーを押しながらDELETEキーを押すと、
ファイル削除の確認:~~を削除しますか?』というメッセージが出ます。

ここで「はい」を押す事で、ごみ箱フォルダには行かずに直接消去されます。

しかし、この機能をキーボードの押し間違えでうっかり入力して
必要なファイルを消してしまう事態も稀に起こしてしまう事例もあります。

また、ファイルの選択ミスで別のデータを抹消してしまった場合や、
後で必要になったけどごみ箱に無いので元に戻せない、という
トラブルの際にはどうすれば復活できる?という疑問について。

まず、Shift+Deleteの操作ではWindowsのオペレーティングシステムが
ハードディスクドライブのクラスタへの書き込みを直接変更するため、
OS内プログラムの通常の方法では復元する事ができません。




自分自身で削除ファイルを復旧させるには、『ファイナルデータ9.0』や
『XTREME Recovery』、『イージーリカバリー』といった、
データーの復元ソフトウェアをダウンロード・購入して新しくパソコンに
アプリケーションプログラムをインストールして専用ウィザードを起動します。

これらのソフトウェアツールにはHDDのセクタにまだ痕跡が残っていれば
そこからスキャン・検出をして復元を行う事ができます。

ただしシフト&デリートキーの操作でクラスタが変形されているため、
ただの削除と違い完全な状態での修復が出来ない可能性も十分あります。

また、ハードディスクに新しくデータを書き込むほど回復できる見込みが
下がっていきますので、出来るだけ速く復旧作業に取り掛かりましょう。

より確実に戻すには自分で行うよりもプロのデータ復旧サービス店
注文をして診て貰った方が見込みもわかり、安全に作業をしてもらえます。

 






消去した拡張子を直す | キーボード
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-706.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.