データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ファイルまたはフォルダのコピーエラー発生の原因は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ファイルまたはフォルダのコピーエラー発生の原因は?
Windowsのマイコンピューターや、アプリケーションの保存画面ウィンドウで
新しく選択したファイルやフォルダをコピーしたり削除しようとしたところ、

ファイルまたはフォルダのコピーエラー
「□□□~をコピーできません。アクセスできません。
ディスクがいっぱいでないか書き込み禁止になっていないか、
またはファイルが使用中でないか確認してください。」


というエラーメッセージの警告バルーンが表示されて
作業が実行できない場合は何が原因か?という疑問について。

まず特に多いエラーの理由として、
そのファイルまたはフォルダが現在、アプリケーションソフトウェアで展開中、
または他のプログラムで使用中になっている場合がよくあります。

もし仮に編集中のデータがありましたら、一度上書き保存して
全てのアプリケーションを閉じてから再度コピーペーストや削除を実行して下さい。

場合によってはパソコン自体も一度シャットダウンして再起動されてみて下さい。

OSのシステムファイルに一時的なエラーやが故障の不具合が出ているために
コピー操作が出来なくなっている可能性もあります。

次に、ハードディスク(ローカルディスク)やUSBデバイス内部の
空き容量が十分に残っているかをプロパティ表示から確認しましょう。

使用状況が埋まっていると、Cドライブのフォルダ等の容量不足で保存が失敗するため、
いらないデータを削除して整理されてみて下さい。




拡張子の設定変更


他に、プログラムファイルの属性が読み取り専用に設定されていると
コピー保存ができません。

その場合は拡張子を右クリックしてプロパティ画面を開き、
全般タブの下部分にある「属性」の項目の「読み取り専用」という欄に
チェックが入っていたら、これを外して[適用]のボタンを押して変更してみましょう。

また、上書き保存の失敗やプログラムのアップデートのエラーといった影響で
ファイルが破損してしまい、その拡張子が関わる操作ができない場合もあります。

その場合には以下のような措置を試してみましょう。

・コピーエラーが表示されたツールとは別のアプリケーションを使って開いてみる。
・ファイルの名前がおかしくなっていたら書き直しをする。
・プロパティ画面を開き、属性などが変わっていないか確かめる。
・USBメモリにコピーして、コンピューターを変えてからデーターを開いてみる。
・[システムの復元]や[bakファイル]、[シャドウコピー]などの機能で修復する。

ですが、もしも複雑で深刻なディレクトリやシステムの損壊を招いてる場合は
専門のデータ修復センターの業者の方に作業を任せて直してもらう事を推奨します。

 






バックアップ保存の手順 | フォルダ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-697.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.