データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【バックアップファイルからの復元方法一覧】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


バックアップファイルからの復元方法一覧
パソコン用HDDや携帯電話、メモリーカード、光ディスクといった
データ記憶メディアが壊れてしまったり、保存したファイルやシステムが
削除・破損してしまった場合、第一の解決方法としてはやはり
事前にバックアップしたデータ群からの引き出しが最も確実です。

一言に『バックアップファイルからの復元作業』とは言いましても、
予備データーの保存の仕方には現在、実に数多くの手法があります。

PCからデバイスに接続したUSBフラッシュメモリやMO、SDカードなどに
手動(コピーペースト)でフォルダからフォルダにバックアップする
初心者向けの方法をはじめとして、他にもより高度で自動化された
ソフトウェアプログラムも複数ありますので、その一覧を紹介します。


システムの復元



まずはWindowsOSの『システムの復元』。
この機能は日付おきにポイントを作成して、オペレーティングシステム上で
管理できる全ての状態をそのままポイント日の保存した時点まで戻せる機能です。

次に同じく、Windows Vistaの上位エディションにある『シャドウコピー』。
指定した時点で自動的にファイルの状態がコピーされるため、
以前のバージョンの復元」から修復することが出来ます。

ですがこちらでは個別のファイルまでは元に戻せないため、
Windows8/8.1の「ファイル履歴」や「回復」、「記憶域」などの機能を一緒に使って
それぞれのシステムの範囲でバックアップできる各データを保存していきます。

Microsoft Officeのソフトウェアにある「ドキュメントの回復」も
一定区間おきにバックアップを自動保存する機能で、
またInternet Explorer8にも直前の作業までの復元機能が備わっています。

間違えて拡張子ファイルを削除したら一度ごみ箱フォルダに移動されますので、
デスクトップアイコンからゴミ箱ツールを開いて表示して、
選んだファイルを元のフォルダ位置に移動して戻しましょう。

もちろんゴミ箱機能はMacintoshパソコンにも付いています。

Mac OS Xのアップル製パソコンには『Time Machine』(タイムマシン)という
機能が搭載されていますのでこちらで自動バックアップをすると効率的です。




他にも一部のアプリケーションソフトウェアでは、名前を付けて保存するたびに
.bak』という名前の拡張子が自動的に作られます。

なので、もしも作成したデータオブジェクトが壊れた時は
bakの拡張子をオリジナルの方と同じものに変更する事で復旧が出来ます。

ハードディスクの中身全てを全部外付けHDDにコピーしておきたい時は
専用のフルバックアップソフトウェアをPCショップで購入してインストールします。

そしてガイドブックの手順に従ってバックアップファイルの更新の設定、作成の実行、
データコピーの作業を実行された方が後のファイルの復元にも安全で確実です。

ただし何度も上書きされて痕跡すらも完全消去されたデーターは
復元ソフトを使っても直せない場合がありますので、
特に誤った削除やフォーマットのミスには日々、お気をつけください。

個人でどうしても消えたファイルが修復できない時には、全国各地の「データ復旧サービス」に
問い合わせて補助記憶装置の診断とファイル救出の注文をされてみてください。

 






バックアップ保存の手順 | バックアップ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-693.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.