データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PDFファイルの破損を修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PDFファイルの破損を修復するには?
コンピューターの電子上で読むためのAbobe式のテキスト文章である
PDF【Portable Document Format:ポータブルドキュメントフォーマット】の
ファイルはインターネットのホームページ上からダウンロードして
Adobe Reader(アドビリーダー)で読み込んで購読ができます。

または市販ソフトウェアのAdobe Acrobat(アドビアクロバット)等で
PDFファイルの作成や編集する事も出来ますね。

ですが、配布先からダウンロードしたり、自分でアップロードした
PDFファイルを読み込んで開こうとすると、たまに

Adobe readerで○○○を開けませんでした。ファイルの種類がサポートされていないかまたはファイルが破損している可能性があります。

というエラーメッセージの表示が出てしまう事もあります。

文書が開けない原因


まず破損や読み込みエラーの理由として考えられますのは、ウェブスペース上のファイルマネージャに
FTPソフトなどのファイル・トランスファー・プロトコル機能でアップロードされた時に
拡張子が破損して送信されているケースが、まず一つ。

次に、Adobe Readerで頻繁に行われているアップデートの影響で
プログラムにバグが出てしまっている可能性などが考えられます。

他にも、コンピューターウイルスの感染や、文書作成側の編集ミスといった
不具合の可能性も考えられます。




読み込みエラー修正の対処法としまして、まずは別のホームページもに同じ
PDFファイルがある場合はそちらからアップロードしたり、また自分で作ったテキストに破損が見られる時は
AdobeAcrobatで記入・編集間違いが無いかどうか見直してみましょう。

または違うソフトを使うなど、別の方法でのアップロードを試してみましょう。

PDFの拡張子ファイル自体は入手できるけどなぜか破損していたり、一度開けたデータが後に
壊れてしまった、という場合は『ファイナルデータ』や『データ復旧R for NTFS β』などの
復元ツールで検出して、損壊した拡張子の修復をされてみて下さい。

しかし、テキストを削除してから長時間経っていたり、HDDが壊れている時は
専門業者の機材とスタッフにしか直せない場合も多いです。

中身が非常に大事な内容の文章で、出来る限り確実的に破損を直したい、という場合はプロの
データリカバリーサービス店に復元修理の作業を行ってもらわれる事をお薦めします。

 





ファイルの破損・エラー | PDF
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-692.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.