データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ドキュメントの回復機能でファイルを復元する方法】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ドキュメントの回復機能でファイルを復元する方法
【ドキュメントの回復】とは、Excel(エクセル)やWord(ワード)をはじめとする
Microsoft Office:マイクロソフト オフィス・シリーズの
アプリケーションソフトウェアに標準で搭載されている、ファイル回復の機能です。

Microsoft Officeの主な種類


  • Word
  • Excel
  • Outlook Express
  • PowerPoint
  • Access
  • Groove
  • Publisher
  • infoPath
  • Communicator

パソコンでOfficeのアプリケーションを使い作業をしている時に、
メモリの使用量が埋まったりCPUの使用率が限界まで上がっていくと、
突然フリーズを起こしてしまったり、強制終了のエラーが発生する事があります。

ExcelやWord、Accsee等で製作・編集したデータの上書き保存をする前に
ウィンドウの画面を強制終了せざるを得くなってしまうような緊急のトラブルや、
PCのOSに予期せずに不具合が起きてパソコンのシステムが急に止まる場合もあります。

そんな緊急のアクシデントのために作成中のファイルの予備保管用プログラムとして、
自動的にある程度の書き込みファイルの状態をバックアップしておく
[ドキュメントの回復]の機能を使う事で、保存を実行する前に消えてしまった
テキスト文書や計算表、プレゼンテーションなどのデータを復元する事が出来ます。




設定の手順


まず、ドキュメントの回復機能を使うには、ウィンドウの上部に並ぶメニュー項目の
ツール→オプション→自動保存と進み、
次の間隔で回復用データの自動保存を行う】にチェックを入れます。

自動保存を何分おきに行うかの指定と保存フォルダ場所も設定してOKを押せば完了です。

自動保存を有効にしておけば、一度作業途中で止まってしまい強制終了して閉じた
そのOfficeツールをもう一度すぐに開き直すと、一定の割合で自動的に
【ドキュメントの回復】と書かれたウィンドウが画面に表示されます。

エクセルやワード、パワーポイント、アクセス、パブリッシャ-などの機能で作成・編集していた
ファイルの一覧が表示されまして、その中の回復したいデータのファイル名を選択すると
もう一度、前回作業時の一番最後の動作を入力した段階の状態の形で開き直せます。

そのままの状態では正式に上書き保存ができていないため、また画面が閉じてしまうと
その状態のデータは消えてしまうか別の最新状態の上書きされてしまいます。

なので、無事に自動回復でファイルが開いたら、すぐに上書き保存をし直しましょう。


ドキュメントの回復画面が出てこなかった時は、[自動保存設定]で
指定したFILEの保管先のフォルダを開いて、そこから開いてみてください。

自動保存を有効にしなければバックアップが保管されませんのでご注意ください。)

この機能を使ってもしもデータが開けなかったりドキュメントの回復機能が無効に
設定されていた場合は、それ以上ハードディスクを回すと別のファイルに
痕跡が上書きされてしまうおそれがあるため、一旦パソコンの起動を終了してください。

まだ破損している状態や消えてしまった状態でもファイルの痕跡から元に戻せる
可能性もありますので、重要なデータで何とか復元したい、という場合には
各地のデータ復旧サービス店に依頼をして、消えたファイルの修復を頼んでみてください。

 






Excel・Word Office | MS Office
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-690.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.