データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【RAID1(レイドワン)のデータを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


RAID1(レイドワン)のデータを復旧するには?
RAID 1(レイドワン)とは、ハードディスクドライブを複数用意して
接続する事によって1個の大容量化したHDDとして使っていく
【RAID】(レイド・Redundant Arrays of Independent Disks)という
記憶装置の運用方式のうちの1パターンです。

RAID1で使っていく場合、パソコンまたはサーバー、ワークステーションに
使用するハードディスクを2つ以上用意します。

2個以上のHDDに同時に全く同じデータや拡張子ファイルの書き込みを
行うようにシステム設定をして二重化(ミラーリング)を施します。

データ保存の二重化対策


RAID1の設備を付けておけば、片方のハードディスクがヘッド障害や
老朽化、熱暴走などの負担により故障して止まってしまっても、
まだもう1個のHDDが無事であれば、データもミラーリングしていますので
引き続きコンピューターのOSは動かせるまま作業を続けられます。

また、記録したデーターも読み込めなくなることは無く、
すぐに他の外付けHDDにバックアップを取ったり、
RAID1に使っていた破損しているハードディスクを新品に交換して
再び元の正常なシステム運用状態に復旧させる事も出来ます。

ハードディスクの取り出し

RAID1では全てのアプリケーションソフトウェアの内容やプログラムファイルを
二重化して対策をしていますので急なハードディスクの故障による
システムダウンやデータ損失のリスクが半分以下に抑えられます。




論理障害の解決


しかし、あらゆるパソコン障害を全部回避できるではなく、
ファイルの誤削除やディレクトリの破損、レジストリの損傷、
コンピュータウィルスへの感染による破壊、といった
システム面の論理障害をRAID1による二重化だけで防ぐことは出来ません。

これらのトラブルは頻繁にバックアップを別の記憶メディアに
保存しておくか、ファイルが消えた後でデータ復旧ソフトウェアや
システム復元の機能で元に戻す作業を試みてみましょう。

また、Raidやパソコンに落雷や水害、落下、衝撃、火災などの障害に遭って万が一
ハードディスクドライブの全てが故障してしまった場合は、壊れたhddを1個取り外し、
データ復旧サービスに依頼をして郵送または持ち込みで送付します。

そして故障したhddの分解と書き込みデータの抽出をしてもらい、
別の記憶メディアに移し変えてもらうのがほぼ残された解決手段です。

 






RAID・ミラーリング | RAID
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-689.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.