データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Ubuntuの起動でデータ救出をする方法とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Ubuntuの起動でデータ救出をする方法とは?
Ubuntu(読み方:ウブントゥ・ウブンツ)とは、LiveCDからインストールできる
DebianベースのLinuxディストリビューションのOSです。

Ubuntu

1枚のCDディスクのみで簡単にUbuntu全機能のインストールが可能で、
パソコンのデスクトップやサーバーなどに使用出来ます。

ウブントゥの派生系としてEdubuntuやXnbuntu、Kubuntuといった
リナックス・ディストリビューションも存在します。

また、UbuntuはKNOPPIXと同じくCDメディアから起動させることも出来ますので、
いざという時にWindowsなど他のOSで動いているパソコンの内部データ救出を
実行する使い方もあります。

例えばウィンドウズのXPや2000、Vista、7などのオペレーティングシステムに
プログラム的な障害が発生して、デスクトップ画面が映らなくなった場合、
ハードディスクに入っている全てのファイルやフォルダを開く事が
出来なくなってしまいます。

そんな時、HDDの機能自体がまだ無事であれば、システムが破損した
WindowsのかわりにUbuntu9.10やKNOPPIXといった別のOSを起動して
内部データを開き、その間にUSBフラッシュメモリや外付けHDDに
コピーをして回収する方法が大変役立ちます。




Ubuntuによるデータ回収の手順


まずはUbuntuの書き込まれたLiveCDと、外付けハードディスクか
USBメモリ、DVD-RAM等の大容量リムーバブルディスクを用意する必要があります。

こちらのページの「日本語Remix CDイメージのダウンロード」のボタンを押します。
http://www.ubuntulinux.jp/download

いくつかのダウンロード先が表示されるのですが、
『北陸先端科学技術大学院大学』『KDDI 研究所』『株式会社アプセル』の欄にある
「 ubuntu-ja-12.04-desktop-i386.iso(CDイメージ)」をクリックします。

(他にも別の用途で使う場合は他のプログラムを探してDLしてみて下さい)

Cドライブ内へのISOファイルの保存が完了したら対象の保管先のフォルダを開き、
次にCD-R等の書き込み用ディスクをCD-DVDドライブに挿入します。

『ubuntu-ja-12.04-i386.iso』のファイルを右クリックして
「プログラムから開く」→「Windowsディスク イメージ書き込みツール」を
クリックします。(Windows 7の場合)

記録用CDまたはDVDを挿入したドライブを選択して、「書き込み」を押します。
ディスク上に『.disk』などのフォルダが新しく書き込まれたら、作成完了です。


BIOSのBOOT変更


UbuntuのOS起動ディスクを作成したら、今度はパソコンのBIOS(バイオス)設定を
変更して、「BOOTの優先順位」を切り変える必要があります。

まずPCの起動ボタンを押してからCDドライブにUbuntuのCDディスクを入れて、
BIOSのタイトルロゴ画面が表示された時にキーボードのDELキーまたはF2キーを
数回連打します。(より詳しくは各メーカー製品のチュートリアルを参照)

少し待つとBIOS画面が出てくるので、十字キーのカーソルの右を押して
BOOTのメニューにスクロールして開きます。

一番上の項目の「Boot Device Priority」でEntryを押すと、
『1st Boot Device』 『2st Boot Device』 『3st Boot Device』と、
優先されるデバイスの順に項目が表示されます。

最初は「Hard Drive」(または製品名)が「1st」の位置に置かれているので、
ここで+キーか矢印キーを押すと、CD-ROMまたはDVD-ROMドライブが
「1st」に入れ替わります。

そして、上列メニューの『Exit』で「Exit Saving Changes」に合わせて
「Entry」→「OK」を選び、もう一度「Entry」を押してBIOSを終了します。


そしてパソコンが再起動されて、Windowsの代わりにUbuntuのOSロゴマークが出ます。

赤と白のランプが点滅するような待機画面が出て、しばらくすると
赤紫色のデスクトップ画面が表示されます。
(途中でフリーズしてしまった時はもう一度起動し直してみて下さい。)

次に外付けHDD(または大容量のUSBメモリなどのリムーバブルメディア)を
USBポートから接続して、一番上メニューのコンピューターから、
CドライブとUSB記録装置の両方のフォルダを開きます。

そして、Windowsの時と同じように、残しておきたいデータを外付けHDDに
コピー&ペーストして、各フォルダ内のファイルをバックアップして救出します。

※内蔵HDDにUbuntuのOSをインストールせずそのまま使う事もできるのですが、
 Windowsよりもかなり読み込み速度が遅めなので、ある程度の時間がかかります。

すべてのデータのフォルダを見回り、回収し尽くして移行作業が終わったら、
外部記録メディアをUSBポートから取り外して、Ubuntuをシャットダウンして
最後にDVDドライブか起動ディスクを抜いて、データ救出作業の完了です。


Ubuntuによるファイル取り出しの作業を行う前の注意点として、
もしOSだけではなくハードディスクやBIOSの方が壊れていると
Linuxディストリビューションの認識と起動ができません。

HDD自体が破損していたり、BIOSが壊れているとシステム的な復元方法が
使えないため、その場合はプロのデータ復旧業者の店舗の方に注文をして
ハードディスクの中身のデーターの回収を行ってもらいましょう。

 






Linux・Ubuntu OS | UbuntuおよびUbuntu派生
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-684.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.