データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【パーティションテーブルの破損を修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


パーティションテーブルの破損を修復するには?
パソコンに使うハードディスクドライブのデータ記憶領域の一部分である
パーティションテーブル(Partition Table)とは、
分割したパーティションのデータ情報が記録されている領域です。

1個のパーティションに16バイトと使用する容量は微小で、
計4つのパーティション分が用意されています。

HDDに何か問題が発生してCドライブやDドライブ、Eドライブ、Fドライブと
区切った領域が正常に読み込めなくなるアクシデントが発生した時、
このパーティションテーブルが破損したためであることも多くあります。

まず、スタートメニューからコントロールパネルを開き、
左側の【カテゴリの表示に切り替える】を押して「パフォーマンスとメンテナンス」を開きます。

次に「管理ツール」→「コンピュータの管理」と開き、メニュー項目の
「ディスクの管理」を選ぶと、パーティションやリムーバブルディスクの
状態や容量の詳細一覧が表示されます。

個人でパーティションを分割したり変更する時、正しい手順を間違えてしまい
リカバリ領域の部分を消してしまったり、正常(不明なパーティション)と
表示されてしまうこともあります。

先頭にあるわずか1バイトのブートインディケータが壊れたり、
だけでもエラーが起こりうる事態になります。

またはMBR(マスターブートレコード)が故障していると更に深刻です。




パーティションテーブルやマスターブートレコードを
正しく修復するには、自分自身で手作業での書き直しを行うと
かなり難しく、ミスの許されない高度な手作業になります。

そのため、なるべく専門のフリーソフト【TestDisk】(テストディスク)や
市販のシステム修復用アプリケーションを使って直していきましょう。

ハードディスクドライブの正常なパーテーションの痕跡をスキャンして、
パーティションテーブル修復の作業をチュートリアルの手順に沿って
実行していきましょう。

ただ、PartitionTableにしてもMasterBootRecordにしても、
もしも復旧の動作中にエラーしたり書き換えミスで失敗してしまうと
故障状態が数段深刻な状態になり、そこから直していくのがどんどん難しくなっていきます。

また内部データの復元や取り出しを行う作業ではないため、
まだ何とかPCが動く状態でしたら先にデータのバックアップを行いましょう。

一番良いのは、やはり専門のパソコン修理カスタマーサポート、
またはプロのデータ修復サービス店にて、パーティションテーブル復旧作業の
代行作業をしてもらわれるのが確実です。

 






パーティション変更 | 記憶メディア
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-682.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.