データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【SQL Serverのデータベースを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


SQL Serverのデータベースを復元するには?
Microsoft SQL Server(マイクロソフト・エスキューエル・ サーバー)は
米国:マイクロソフトにより開発・販売されているRDBMSこと、
リレーショナル・データベース管理システムです。

また、SQL [エスキューエル・シークェル:Structured Query Language]とは
リレーショナルデータベースの取り扱いをする構造化照会言語です。

データベースを構成するアクセス権を定める定義言語『DDL』と、
テーブルに対してのデータ追加・更新・削除を扱う操作言語『DML』があります。

SQLサーバーに保管されたデータファイル群も、PCや他の種類のサーバ、
周辺機器の記憶装置と同じく、作成したら作った分だけのデータを
バックアップなどの対策手段で保管をしておく必要があります。

コンピューターは急な落雷や台風、地震、強打、埃の侵入などの
外部的な影響で故障して動かなくなるアクシデントも起こるためです。

また、誤ってテーブルを削除してしまったり、全く違うデーターに
上書きして損失してしまった分は上手く対処しないと復活が難しくなります。

主な事前対策の方法としてまず、ミラーリング(ハードディスクの二重化)を
サーバ機器にセッティングして、片方のHDDのグループが破損しても
もう一方のグループで稼動をい続けられるようにするRAIDの導入。

次に、自動バックアップのシステムを専用ソフトウェアや専門業者への依頼で
整えて、更新ファイルを常に作っておく手段などが有効です。

また、Microsoft SQL Server自体にも標準で「バックアップと復元」の
セクションが付いていますので、マニュアルを見てセットアップを行うと
更に安全管理の幅も広がります。




SQLサーバーを導入して契約している契約サービスのサポートに
もしエクスポート/インポートや一括ダウンロードによるバックアップ、
クラウドによる共有やウェブページへの公開アップロードといった機能がありましたら、
それらを一つずつ開いて、どこかの機能で復元が可能か確認します。

SQL Serverにすでにメディア障害が発生して、バックアップの予備もなく
手遅れな状態になっている時は、ひとまずそれ以上の稼動を一度中断します。

Superファイル復活3の販売ソフトウェアや
データ救命サービス(インターコム)といったサポートで
SQLサーバの復旧にも対応されていますので、これらを使用して
残った痕跡からの修復を試みてみましょう。

または、全国各地にありますデータレスキューセンターにも
サーバ復活の注文のお問い合わせをされてみて下さい。

 






データベース | SQL
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-675.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.