データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows Server2008の安全管理とデータの復旧】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows Server2008の安全管理とデータの復旧
Microsoft Windows Server2008【マイクロソフト・ウィンドウズ・サーバ2008】
とは、マイクロソフトより発売されています、サーバー向けのWindows OSです。

名称の通り、り2008年にWindowsServer2003の後継種として登場しています。
現在の最新バージョンは『Windows Server 2008 R2』。

64Bitと32Bit(ビット)の環境に対応されており、
Windows PowerShell(ウィンドウズパワーシェル)のスクリプトや
Server Coreというインストールオプション、Hyper-V(仮想化マシンモニタ)
などの技術が新しく導入されています。

コンピュータやユーザーの管理を行うディレクトリサービスシステムも
新しく、『Active Directory』(アクティブ・ディレクトリ)が使われています。

ウィンドウズ・サーバーの安全対策


サーバのシステムは、クライアントからの処理要求を常時受信して
応答を行う装置であるため、多くの用途の場合で24時間365日、
長時間連続で起動して使用する事となります。

そのためパソコンや携帯電話といった他の電子機器よりも
ハードディスクドライブなどの精密な回路を中心に部品への負担も
かかりやすく、いつ故障やダウンの障害が発生するかもしれませんので
システムやデーターの安全対策が必要不可欠となります。

まずは基礎的な保全管理として、セキュリティガイドの案内に沿って
ウイルス対策ソフトやファイアウォールを導入しましょう。

サーバの購入やWindowsServer2008のOSダウンロードの前に、通常の動作が可能な
推奨スペックの基準を満たしているかも確認を行いましょう。

もしもスペックが足りない場合は必ず部品の交換をしてもらうなどして
動作環境の基準を満たす事も重要です。

設置場所の周辺には機械に悪影響を与える物を置かないようにして、
またサーバールーム内野温度や湿度の調節も行えるよう整える事も大事です。

時々、ホコリやゴミの除去のために掃除も行いましょう。




バックアップと復元の機能


急なシステムダウンや内部の破損で壊れてしまう事態に備えて、
サーバ内部データのバックアップ対策も必ず施しましょう。

まず、近年の[WindowsServerバックアップ]や[ntbackup]という、
WindowsOSに提供されている機能が役立ちます。

どちらも2008には標準で搭載されてはいませんので、
ダウンロードしてインストールする必要があります。

他にも市販のフルバックアップユーティリティを購入して
一定の間隔時間おきに更新して保存できるようにすると、
こまめなバックアップを自動で行う事で、
マシンの障害が起きた後でも、故障を直した後でほぼ元の状態に戻せます。

ウィンドウズサーバー2008はWindowsVistaを基準としたOSですので、
シャドウコピー機能をセッティングして備えるのも有効です。

しかしバックアップの取りこぼしが発生したり、手動で誤って削除してしまう
といったトラブルが起きて一部のファイルが消えたりした場合は、
Server2008に対応されている[ファイナルデータ9.0 plus] などの
データ復活ソフトウェアをインストールして検出してみましょう。

時間が経ってセクタ内容が他のプログラムの動作で変わってしまうと
ファイルの修復が出来なくなっていくため、早めに対処を行いましょう。

他に、もしサーバが本体が故障した時は無理に稼動を続けずに、
購入メーカー先のサポートかコンピューターの修理業者
損壊した部品の修理交換の依頼をされてみて下さい。

各種の回復ツール機能を試してみてそれでも直せなかったり、
ハードディスクが破損して内部の読み出しが出来なくなった時は
HDDをデータ復旧サービスに診てもらい、中身の抽出を行ってもらいましょう。

 






サーバーダウンの復帰 | Windows Server 2008
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-662.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.