データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【miniSDHCカードに記憶したファイルを修復する方法は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


miniSDHCカードに記憶したファイルを修復する方法は?
miniSDHCカードは、Secure Digital High Capacity memory card
(セキュアデジタル・ハイキャパシティ・メモリーカード)の
小型版の規格で、携帯電子製品の記録用媒体として使われています。

使用容量は4ギガバイトから8ギガバイトで、重量は約1gです。

miniSDカードと同じく専用のアダプターが同梱されていまして、
カードリーダー/ライター等に差し込み、USBからパソコンで読み込んで使います。

主なminiSDHCメモリーカード製品


・Transcend:トランセンドジャパン [SD2.0SPD Class4TS4GSDMHC4/4GB]
・SANDISK:サンディスク 4GB
・KINGSTON:キングストン 4GB

ミニSDカード関連の用語
カードリーダライタ
SDカードやxFピクチャーカード、コンパクトフラッシュといった小型記憶メディアをUSBコネクタを通じて読み出しするための中継的な役割を持つ装置です。コンピューターショップや電気店で販売されています。
アダプター
英単語でadapterまたはadaptor。装置の機能的な特性を別のコンピューターに適応させるための変換を担う部品です。
USB2.0
現在主流になっているシリアルインターフェースで、リムーバブルディスクやレーザーマウスといった周辺機器をPCと接続・同期して使用する貴重な役目を持ちます。

ケータイやデジカメなどの電子機器にminSDHCカードを差し込んで、後は
そのまま携帯端末の操作で写真画像などのデータをコピー/移動をするか、
もしくは自動でカード内に書き込みする設定をして保存ができます。

しかし操作ミスでバックアップするのと間違えて削除してしまったら、
どうすればまた元に戻せる?という疑問について。




修復用アプリケーションからの検出


他のRemovable Disk製品と同じく、miniSDHCカードもPC本体の機能の
一部ではなく、取り外しや付け替えで外部設置をしている装置ですので
【システムの復元】や【バックアップと復元センター】等のツールでは
データの蘇生はできません。

そのため、外部メディアの読み出しとスキャンができる、
市販のファイル復活ソフトウェアを購入してパソコンにインストールしましょう。

カードリーダーと専用アダプターでUSB2.0のインターフェースを通して繋げた
miniSDHCカードがデバイスマネージャに正常に認証されれば、
「ファイナルデータ」や「イージーリカバリー」といった専用ソフトで
読み込んで、前に記憶していたデータの痕跡から修復を行います。

復元させたいファイルが無事に検出されれば、ほぼ成功です。

割れたり傷が付いて読み取れない場合


カードが割れたり折れ曲がってしまったり、傷や錆びが付いて物理的に
破損してデバイスドライバ(OS)からの読み込み事態が不可能な時は、
最寄の、もしくは郵送受付に対応されているデータレスキューサービスに
中身の保存データを取り出してもらいましょう。

 






SDカード | SDメモリーカード
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-649.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.