データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows Home Serverで使うデータを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows Home Serverで使うデータを復旧するには?
Windows Home Server(マイクロソフト・ウィンドウズ・ホームサーバー)とは
マイクロソフトで提供されているMicrosoft Windows Serverの一種で、
家庭向けのメディアサーバー専用のオペレーティングシステムです。

2008年より日本語版も販売されて一般ユーザーの間でも自宅サーバーといった
形での普及も始まっています。略称はWHS
またPower Pack3(パワーパック)という拡張機能も提供されています。

ウィンドウズホームサーバーの回復機能


長時間マシンを連続稼動させて使用する事が多いサーバーは
内部回路の負担もかかりやすく、ネットワークを通して大勢のユーザーと
共有してアクセスしたりサービスを提供するため、システムにも
負荷を受けやすい点もあります。

そのため、急なシステムダウンや故障による停止トラブルに備えて
OSや更新データの状態を回復するための機能も備わっています。

まず、WHSの機能をリモートで管理できる『Windows Home Serverコンソール』が
いざという時の障害回復に役立ちます。

例として、「コンピュータとバックアップ」でログファイルやボリュームを
元に戻したり、『サーバーの記憶域』でストレージの追加や削除といった
サーバーのリモート操作が行えます。

また、『バックアップの構成ウィザード』でホームコンピュータを10台まで
管理してバックアップを手動または定期的な自動設定で行い、
たとえコンピュータが丸ごと物理的に故障しても全ファイルとシステムを
そのままの形でデータ保存媒体から別のマシンに書き写す事も出来ます。




自宅サーバー内の消えたファイルを修復


バックアップがまだ取れていない最新の作成ファイルをが消えてしまった時は、
EasyRecovery(イージー・リカバリー)等の、フリー配布または市販の
データ復元ソフトウェアをコンピューターにインストールして
拡張子ファイルの痕跡からの修復を取る方法も使えます。

すでにソフトをお持ちの場合や、これからソフトを購入される際には
ウィンドウズ・ホーム・サーバーのOSに機能が対応されていて、
マシンの動作環境も満たされているか否かもご確認下さい。

ですがアプリケーションの機能や専門のサービスでも、必ずしも復旧が
出来るとは限らず、プログラムのスペックや破損状態にも左右されますので
日々のバックアップやセキュリティ強化は十分に備えておきましょう。

WindowsHomeServerの搭載マシンがサーバー障害で故障してしまった時は
お近くのシステム管理会社かパソコン機器の修理サービスに注文をして
破損した箇所を少しでも速く直してもらいましょう。

また、ハードディスクドライブが壊れていて貴重なデータベースが
読み込めなくなった時は、各地のデータ復旧センターの店舗で
自宅サーバー本体に入った内部のHDDを取り外して分解してもらい、
中身のデーターを回収して直してもらわれる事をお薦めします。

 






サーバーダウンの復帰 | 自宅サーバー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-644.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.