データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ダイナミックディスクのボリュームが拡張できない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ダイナミックディスクのボリュームが拡張できない時は?
ハードディスクドライブの管理方式・単位であるダイナミックディスク(Dynamic disk)の
『ボリュームの拡張』を実行しようとしたら、

「選択されたボリュームはシステムまたはブートディスクであるか、または
以前のバージョンのWindowsでベーシックディスク上に作成され拡張できません。」
といった、▲!マークのダイアログメッセージが出て作業が出来ない場合。

通常は中身のデータを保持した状態で他のHDDと合体させたり容量を拡大
できるのですが、Windowws98以前のOSバージョンやMS-DOS(エムエス・ドス)、
ブートディスクで作製した古い形式のボリューム(volume)などの場合では、
新しいOSの仕様のため、そのままでは拡張ができません。

この場合は一旦他のディスクメディアに保存データをコピー/移動してから
もう一度、ボリュームの割り当て作業を実行します。




必要なファイルの移行後に、スタートメニューのマイコンピュータを
右クリック⇒『管理』を選び、コンピュータの管理⇒「記憶域」を選択。

そして[ディスクの管理]→拡大したいディスクドライブの項目を
右クリックしてボリュームを削除し、その後ダイナミックディスクのボリュームを作成して、完了です。

注意点として、間違って違うボリュームを消してしまったり、バックアップの前に削除してしまうと、
中のそれまで書き込んでいたデータ群もまとめて失ってしまいますので、
よく確認した後に拡大の作業を行われてください。

もしもボリューム拡張に失敗してしまいHDDの領域やファイルにアクセスできなくなった時は、
パソコンサポート店またはデータ復旧サービス店にお問い合わせをして修復の相談をされてみて下さい。

 





ハードディスクドライブ | 拡張機能
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-636.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.