データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ソフトをアンインストールした後、今までに作ったデータは残る?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ソフトをアンインストールした後、今までに作ったデータは残る?
パソコンに色々なアプリケーションソフトウェア【Application software】を
数多く導入していくほど、様々な便利機能や面白いコンテンツを使えて
とても使い勝手が良くなっていきます。

ですがインストーラのプログラムを数多く入れていくほど、
メモリやCPU、また主記憶装置ことローカルドライブの使用量が
大きくなっていき、マシンパワーの総合能力が落ちてしまい
計算処理能力の低下による動作遅延やエラーが多発する事もあります。

読み込みのスピードが遅くなってきたと感じ始めたら、
ほとんど使わなくなったソフトウェアを順に、『プログラムの追加と削除』
から消去していく事でマシンにかかる反動を軽減していく事が出来ます。

ただ、ファイルやフォルダをマイコンピュータから削除しただけでは
システム設定はインストール時に変更されたままの状態で残ってしまいます。

アプリケーションソフトウェアの痕跡をなるべく残さないためにも
アンインストール【uninstall】で一度パソコンに加えたソフトの導入を解除し、
システム上からデリートするのが正しい手順です。

「だけどソフトをアンインストールして、今までに作ったファイルは
一緒に消えたりしないでちゃんと残る?」という疑問について。

一緒にフォルダから消えてしまう例外


まず、そのソフトウェアで作成したデータが普段、コンピューター上で
アプリケーションのフォルダ内に含まれている専用フォルダに全て
収納されていた場合、アンインストールとともにフォルダも削除されて
一緒に消えてしまう事が稀にありますのでこの場合だけは気をつけましょう。

アプリケーションにもよるのですが、通常設定で「Program Files」の奥の
専用フォルダに、保存されるようにデフォルトで指定されているものも
ありますので、これら書庫(データバンク)の位置はしっかりと
把握しておかれる必要もあります。

(PCの場合はマザー・ボードやメモリではなく、ハードディスクに保管されます)

逆に、PCの外から繋げている2次記憶装置
(別名:auxiliary memory/storage ウィクショナリーメモリー、
backing memory バッキングメモリー、Secondary storage セカンダリーストレージ)
の方に書き込んでいたりバックアップを直前に取っていれば、
ソフトをアンストールしてもファイルが消える事なく残ります。




今まで使っていたユーティリティが無くなった後で『不明なファイル』と
表示されて開かなくなってしまっても、HTMLやBMPなどの有名な拡張子のものは
他に開けるソフトも多いので心配はいりません。

しかし、そのソフトウェア独自の形式である拡張子は別のソフトで開けない場合が
多いため、PC上からプログラムを抹消する前には本当に必要がないかどうか、
よく確認を行ってからアンインストールに移りましょう。

デスクトップやスタートメニューにアイコンだけ残る事もありますが、
この場合は専用アイコンを右クリックから削除できます。

もしも必要なアンインストール作業でデータのフォルダまでが一緒に
消えてしまった時はパソコンを「システムの復元」や「シャドウコピー」で
少し前の状態に逆行させて元に戻すか、またはデータ復旧サービスセンター
診てもらって、そのプソフトウェアログラムごと復元をされてみて下さい。

 






フォルダの消失 | インストーラー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-634.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.