データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Acer(エイサー)のパソコンのデータを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Acer(エイサー)のパソコンのデータを復旧するには?
「Acer Incorporated」(日本エイサー)の製品のパソコンが、
急に内部パーツが故障してしまうなどのトラブルが起こり、
中身のデータが読み込みできなくなったら、どうすれば開いて復旧できる?という疑問について。

AcerのノートPC

主なAcer製品のシリーズ
  • Aspire
  • TravelMate
  • Timeline
  • Aspire One
  • Altos
  • PICA


まず、Acerのノートパソコンやデスクトップパソコン、サーバ、ワークステーションも、
他のメーカーのコンピューターと同じく、ファイルやアプリケーションなどのデータは
全て内蔵のハードディスクドライブ(またはSSD)に保管されています。

パソコンの故障=ハードディスクの物理的障害、または論理的障害、
というパターンも非常に多く、それはAcerの製品でもやはり例外ではありません。

ハードディスク自体に何か不調が出ていた時は、エクスプローラーから
ドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」⇒「ツール」⇒「チェック」で
ディスクのエラーチェックや最適化を行う事もできます。

また、「S.M.A.R.T.」(スマート)というディスクの状態の読み取り機能を使ったアプリケーションを
東芝(TOSHIBA)などハードディスクの製造元のメーカーのホームページからインストールして、
故障の状態の診断や簡易的な修復作業を行う事もできます。

(Hitach-日立製の内蔵HDDなど、
別のメーカー製のハードディスクをご使用されていた場合は、それぞれのメーカーで
対応されている専用のS.M.A.R.T.の読み取り機器を使って読み込みを行ってください。)


逆に、マシン本体のパーツのどれかが壊れてしまっても、HDDが故障せずに無傷であれば、
蓋のネジを外してPCケースから取り外し、他のパソコンに増設するか、
外付けHDDケースなどに接続して、データを読み出す事ができます。




※こちらの一例では、Acer製のパーソナルコンピューターの製品として発売されている
 ノートブックPCの「Aspire 5750シリーズ」に搭載された、
 2.5インチサイズの東芝製のSATAハードディスクを、
 本体から取り出しして 別のWindowsパソコンで読み込みする手順について解説いたします。


ハードディスクの付け替え作業


まず、パソコンをシャットダウンして電源を切り、電源アダプターなどのケーブルと
USBメモリやヘッドホンなどの差し込んでいるコネクタを全て取り外します。

次に、ノートパソコンの本体を裏側にひっくり返して、
ハードディスクが収納されている部分にのカバーの蓋に付いている固定シールを剥がします。

蓋のシール

蓋を固定しているネジをプラスドライバーで回して取り外して蓋を外すと、
内部のドライブベイに2.5インチのハードディスクが内蔵されています。

Acerのパソコン

HDDを固定している螺子が蓋の螺子と同じもので すでに取れている場合は、
そのままハードディスクをステンレスの固定ケースごと横に押してスライドして、
コネクタから外して取り出します。


ここまではハードディスクの交換作業と同じです。

次に、取り出ししたドライブを罰のPCで読み込む際、デスクトップパソコンのケース内の
空いたドライブベイにセットする場合は、一時的に何かでドライブベイに固定する必要があります。

おすすめとしましては、2.5インチサイズのハードディスクを3.5インチサイズの差込口に取り付ける
「HDD変換マウンタ」を購入して、これに螺子で固定して差し込むのが最も安全です。

変換マウンタ

ドライブベイに差し込んだら、電源ケーブルの空いたコネクタをコネクタにつなげて、
またパソコンの予備のSATAケーブルがあれば、マザーボードの空いたコネクタとディスクに繋げます。

(もし余り分がなければ、一時的に別のところで使っているSATAケーブルを付け替えるか、
 パソコンショップなどの店で新しく購入する必要があります。)


また、2.5インチサイズの外付けハードディスクドライブケースかUSB変換ユニットなら、
USBケーブルからリムーバブルディスクとして読み込む事ができます。

USBコネクタに差し込む形での外部接続であれば、ノートパソコンでの読み取りも可能です。

HDDの接続

もう一台の正常に起動できるパソコンに繋げてデバイスマネージャーで読み込めれば、、
Windowsの場合はエクスプローラー画面の「PC」または「コンピューター」の領域に、
「Acer」という名前でアルファベットが割り当てられた新しいディスクが表示されます。

こちらのアイコンを開くと、以下の画像のようにハードディスク内のフォルダーが表示されます。

この中の「ユーザー」や「ドキュメント」、「Program Files」といったフォルダーから、
必要なファイルを探していきます。

リムーバブルディスク

(一部のフォルダーには正常にアクセスできない場合があります。)


必要なファイルをそのパソコンのCドライブか別の外付けハードディスク、DVD-Rなどに
順にコピーペーストやドラッグ&ドロップで保存していく方法でデータを回収します。

最後に「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」の指示をして、
接続機器のUSBコードを外すかパソコンの電源をシャットダウンして、復旧作業は完了です。



近年のパソコンやデータ記憶装置は以前よりも頑丈さにも定評があり、
また高い性能を持つシリーズの商品が多く安定してきているのですが、

その一方で、コンピューター機器に起こる可能性のある様々なトラブルに対応するのに
必要な保守対策が不十分だったためにパソコンが故障してしまうケースもあります。

丈夫でスペックの良いパソコンでも、例えば落雷や台風、地震、洪水、火災などの災害で
停電が発生して電力の供給が止まったりネットワーク回線が遮断される外的なトラブルや、
CPUなどの過熱・老朽化による内部パーツの破壊、水濡れや水没による浸水の被害、
持ち運び中の強打や振動による破損などの故障は、いついかなる時でも低い確率で起こりえます。

特に通電や発熱、点検ミス、システムダウンといった負荷が原因で発生する障害は、
長時間連続で動かしているコンピューターほどよく起こります。

また、ワーム型の有害なウイルスプログラムの感染や、システムエラー、フリーズといった
論理障害でのトラブルでOSやファイルが破損してしまうケースもあります。

それらのために、重要なデーターが消えてしまうようなアクシデントが
個人、法人を問わずにAcerに限らず、どのメーカーのパソコンでも発生してしまう事もあります。


ハードディスク自体が物理障害で故障したり、論理障害でファイルが読み込めなくなった時に、
バックアップデータの打ち出しや自動保存の作業を事前に行われていなくて
別のパソコンを使ってもファイルが読み出せなくて困ってしまった、という場合は、

ひとまずそれ以上は問題の起きたHDDを動かさずに負担を与えないように電源を切って、
全国各地にありますプロの「データ復旧サービス」に問い合わせて、
HDDを送付して内部のデータを救出してもらわれる事をおすすめします。

(※だいぶ前に出たパソコン本体やOS、ドライブの場合は、
 対応されているデータ復旧サービスセンターがやや限られてしまう可能性もありますので、
 場合によっては何箇所かの営業所に根気よくお問い合わせをされてみてください。)

 






ノートパソコン | Acer Aspire One
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-628.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.