データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【バックアップ前に不要ファイルを削除すると容量の節約になる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


バックアップ前に不要ファイルを削除すると容量の節約になる?
文書作成ソフトやコンピューターグラフィック製作ソフトで長い時間を掛けて
作り上げたコンテンツファイルや、
観光旅行の思い出として撮ってきたデジタルカメラの写真画像やビデオ映像、
有償でダウンロード入手したプログラムソフトウェアなど、

大事なデジタルデータは1個だけしか存在していないと、パソコンが壊れて
飛んでしまったり間違えて消去してしまった場合を考慮すると安全ではありません。

そのため、重要なファイルは最低でも違う記憶メディアに2個以上存在させるために
コピー&ペーストやバックアップソフトを使って予備を保管しておきましょう。

ただ、例えばWindowsVista Business/Ultimateのバックアップツール
Windows Complete PC Backup】(ウィンドウズコンプリートパソコンバックアップ)
等の機能を用いて、ドライブ全体の大規模なファイル群を.vhdイメージファイルとして
別のリムーバブルハードディスクやDVD±RW/ROMなどの予備保存用のディスクに
書き込む場合、1個や2個の大きな拡張子ファイルくらいなら大丈夫なのですが、

全体の容量が大きすぎると全て入りきらなかったり空き領域のほとんどが
埋まってしまう場合もあり、また時間がかかりすぎて途中でシステムがエラーを
起こす可能性もあります。

ハードディスクには新しくデーターを書き込めば書き込むほど余分なファイルも
溜まっていき、また視覚的に見えにくい部分でも気づかないうちに
容量を使っている事も多々あります。

これらを事前に検出してバックアップ作業の前にあらかじめk消しておくと
空き容量が大分節約できて、移し変えの指示もスムーズに動作できます。




主なフォルダを手動で見ていき、使わないファイルやアプリケーションソフトは
どんどん消去して、めぼしい不要ファイルを大体無くしていったら最後に、
Windowsアクセサリのディスククリーンアップでさらに圧縮やゴミ箱の消去をして
少しでもローカルディスクを軽くしましょう。

ただしうっかり一緒に、まだ使うデータやコンピューターに重要なシステムを
消されてしまわれないうようにご注意下さい。

間違って重要な場所に手を加えてしまったらすぐに『システムの復元』や
『データ復活ソフトウェア』から元に戻しましょう。

 






バックアップ保存の手順 | バックアップ関連
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-623.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.