データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PowerPoint パワーポイントのpptファイルを修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PowerPoint パワーポイントのpptファイルを修復するには?
米国Microsoft社製のプレゼンテーション作成のオフィススイート :
Microsoft Office PowerPoint【読み方:マイクロソフトオフィス・パワーポイント】を
起動中に、アプリケーションのウィンドウ上でデータの問題が出てしまった時について。

まず、作成した「ppt形式」の拡張子ファイルを保存する前に
エラーで強制終了が起きたり、パソコンの電源が落ちて消えてしまった場合や、
ファイルが壊れたり消去されていて開けない時の解決方法を解説します。

せっかく製作したプレゼンテーションのコンテンツをもう一度作り直さなければならない事態に
なってしまうかと思われますが、その前に以下のような手順でPPTデータの修復を試す事が出来ます。

ファイルの自動回復機能


まず、Microsoft ExcelやWord、Accessと同じく、PowerPointには自動保存機能が備わっています。

たとえば停電や落雷、アプリケーションエラーの発生などで急にPCが閉じた場合は
もう一度パワーポイントを開くと、ハードディスクに保存していた
以前の状態のpptファイルが自動的に展開されて再び開ける場合があります。

保存前のプレゼンテーション作成データが起動時に出てこなかった場合は
画面上のツールバーにある『開く』からPowerPointデータの保存フォルダを開きます。

『ファイルの種類』の項目にある『回復済み』という名前がありましたら、
こちらを開いて前回保存前の状態からの復元ができます。

そしてその以後、すぐに上書き保存をしてデータの復活作業は完了です。




しかし回復済みのPPTファイルがどこにも無かった時は、『PowerPoint ヘルプ』の項目を開いて
検索欄に『ドキュメントの回復』と開いて、ファイルの回復を書かれた手順に従って行われてみてください。

(※プレゼンテーションのページ画面に挿入する予定のスライドや写真画像の
 元データの方が消えてしまった場合は、 先に加工して保存していなければ
PowerPointの機能だけでは通常、復元が出来ませんのでご注意下さい。)

すでに書き込みしていたプレゼンテーションファイルを誤ってパソコンや外部記憶メディアのフォルダから
削除してしまったり、再フォーマットやコンピューターウイルス感染等で全部消えてしまった場合は、

Windows XPの『システムの復元』やWindows Vistaの『シャドウコピー』といったデータバックアップの
システムを事前にコントロールパネルからセットしていれば、まだ修復できる見込みがあります。

一定期間おきに更新される復元ポイントのタイミングが合えばパワーポイントのpttファイルで
前回保存前の差分のデーターなどを保管していたHDD内のディレクトリ(フォルダ)を見てみましょう。

差分更新バックアップの機能で1時間おきの更新に設定しておくなど、
細かい時間指定であるほどデータが復旧できる確率も高まります。

しかし、PowerPointの機能ややバックアップ関連の予備的なシステムだけでは
壊れたり なくなったりしたPPTファイルを確実に直せるわけではなく、
状況によってはハードディスクからの一定の割合の修復作業までが必要です。

より確実に元に戻したい時にはご自身ではあまり触れずに、専門業者の
データ復旧サービスにてパソコンのHDDを一度、診断してもらわれる事を推奨します。

 





Excel・Word Office | Powerpoint
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-618.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.