データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【インページ操作の実行エラーから復旧させるには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


インページ操作の実行エラーから復旧させるには?
G:\にアクセスできません。インページ操作の実行エラー。』という
エラーメッセージが出て、外部接続の記憶メディアがデバイスマネージャーに
読み込まれないトラブルが起きた場合での保管データ復旧について。

まず、インページ操作の実行エラーとは外付けHDDやMO・フロッピー・SDカード等の
リムーバブルディスクの読み込み時に表示される警告動作で、

記憶装置が物理的に壊れているか、または中身のファイルが理論的に
破損していてパソコンが読み取れない場合に起こります。

ただの接続ミスやデバイスの認識エラーではなく、外付けの装置が
故障している場合に出てくるアクセスエラーなのが特徴です。

外付けHDDやMOディスクのフォーマットが可能な状態であれば
再フォーマットする事で修復できる可能性があります。

しかし記憶メディアを初期化してしまうと書き込んでいたデータが
全て消えてしまい元に戻らなくなるので、
その前に復旧作業を試みてデータを抜き出す必要があります。




一例として、ハードディスクの『S.M.A.R.T』を読み取りしてエラーの修復を行う
アプリケーションソフトを購入してパソコンにプログラムのセットアップをします。

次に、インページ操作の実行エラーが出た機器をもう一度接続して、
Fドライブ、Gドライブ~のリムーバブルディスクを選択して
エラーを修復したりデータが復元できるかどうかのスキャンを実行します。

ここでフォルダやファイルが検出できる場合も多いので、
中身のデータが覗けるようであれば今度はアプリケーションの手順に従って
本番の復元操作を実行しましょう。

別の機器にバックアップの保存が完了したら、インページ操作の実行エラーが
発生している外付けHDDなどの機器をフォーマットし直して
ハードウェアにアクセスできないディスクの修復を行います。

あるいは、ファームウェアにも問題が発生してビジーモード/復旧モードなどになってイル
可能性がありましたら、製品の公式ホームページからアップデート用の
アプリケーションをインストールして、ファームウェアの更新作業を行います。

しかし専用のユーティリティーでのスキャンでも情報の読み取りが出来なかった場合は
物理的な破損の状態がひどい可能性があります。

また、もしフォーマット(初期化)をしても機材が修復できない時は
どうやっても直らない可能性が高いため、見切りを付けて替えの装置を使うか、
新しい記憶メディア製品を購入された方が良いでしょう。

ですが、専門業者のデータ復旧サポート店でしたら中身の分解とファイルの抽出に
必要な機材やスタッフの技術で、高い割合で直してもらう事が出来ます。

 






外部接続型周辺機器 | リムーバブルディスク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-612.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.