データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【壊れたパソコンの内部データを交換して開くには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


壊れたパソコンの内部データを交換して開くには?
パソコン本体を買って使い始めてから、故障して完全に動かなくなるまでの寿命は
一定的ではなく、使い方や起動の回数/頻度、外部の環境や
アクシデント、パーツの性能といった要因に大きく左右されます。

PCパーツ

10年以上使える場合もあれば、1年~3年くらいで壊れてしまう事もあり、
逆に言えばいつ動かなくなるかは、なかなか予測できません。
(S・M・A・R・Tである程度、異常発生の時期をチェックする事は出来ます)

また、事故や水濡れ・災害等を除けば、パソコン内部の部品が一気に全部
故障するという事はほとんど無く、破損したパーツのみ取り外して
新しく購入した替えのパーツに交換接続する事で再度使えるようになります。

PCパーツ一覧
  • マザーボード
  • HDD
  • CPU
  • メインメモリ
  • FDD
  • CD/DVDドライブ
  • パソコンケース
  • 電源スイッチ
  • CPU-FAN
  • ケーブル
  • LANカード
  • チューナー
  • キーボード
  • グラフィックカード
  • サウンドボード
  • スピーカー
  • モニター
  • 静音パーツ
  • 冷却ファン
  • 電源ユニット
  • 背面コネクタ

上記のうち、パソコンのあらゆるファイルやフォルダ、プログラム、システム設定
といったデジタルデータはHDD(ハードディスクドライブ)に格納されています。

なのでたとえLANボードや電源スイッチ・ランプなど別のパーツが故障しても
HDDが壊れていなければ、データを引き出す事は難しくありません。

大まかに、以下の対処方法で中身のデータを開く事が出来ます。

・機能が何らかの損傷で破壊されている部品を特定して新品に換装してパソコン本体の状態をを直す。

・ハードディスクをひとまずドライブから取り外して別のパソコンに 接続して読み込みを行う。




自作の組み立てパソコンに詳しい方でしたら馴染みが深い作業なのですが、
ご自身で交換を行われる際にはパーツの取り外し・接続の知識が必要になりますので
交換マニュアルなどを読んで手順に沿って行われてください。

HDDは簡単ですぐ終わるのですが、特にマザーボードの交換等はかなり複雑です。

しかしハードディスクドライブはパソコンパーツの中でも特に負荷が
与えられやすく壊れやすい部品の一つで、
物理的に故障したら修理する事が出来ないことが大半の、消耗品といえる精密な装置でもあります。

ですが内部データの記憶部分(セクタ/ブロック)に大きな引っかき傷などが
付いていなければ、専門のデータ復旧サービスにて故障したHDDを開いて
中身の保存ファイルやプログラム等を回収してもらう事が出来ます。

どうやっても読み込みできず、壊れていると思われるHDDは一般ユーザーでは
ほぼデータ復活は不可能なため、必ず専門のサービスに行ってもらいましょう。


 






壊れたPCからの交換 | ファイルのサルベージ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-607.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.