データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【データ表示ができない状態を直すには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


データ表示ができない状態を直すには?
インターネットのホームページやウェブログ・独自サービス等を
作成してサーバーのホスティングサービス、ファイルマネージャ上に
アップロードした後で確認したらなぜかページが表示されない、

または一部のHTMLやコンテンツがちゃんと見れなかったり、
他ネットワーク上のデータ表示が出来ない、というトラブルは
複雑な構図のインターネット上では頻繁に起こりえます。

主なデータ非表示状態の原因

・URLアドレスの文字が一部間違っていて何もないページを開いている。
・アップロード/インポートがFTPでちゃんと出来ていない。
・別のディレクトリかファイルマネージャにファイルを転送している。
・HTMLソースの記入を書き間違えている。
・CGIやPHPのプログラムが一部損壊している。
・データベースに有害ウイルスなどの感染が発生している。
・一時的にユーザーアクセスの増加でサーバーがダウンしている。
・アカウントサービスが終了または休止・停止している。
ホスティングサービスのドメイン有効期限が切れている。
・ウェブブラウザがIE以外で対応できないページを開いている。
・最大容量が100%使用状態になっている。
・HPサービスによってはPHPなど一部のプログラムが使用できない。

上記のような事例の中で、サイトのデータ構造上で問題があると思われる場合は
各プログラムやアカウントサービスの操作マニュアルに沿って修正していく事で
直していくことが出来るかと思います。




コード作成記入ミスの一例

Q:スクリプトタグのコンテンツが表示されません。

A:<HEAD>内にjavascriptのメタタグは挿入されていますか?
<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript" />

または、スクリプトのタグが正常に記入出来ているかかどうか、
また提供先の外部ドメインサービスは正常に動作されているかを
チェックされてみて下さい。


Q:背景画像や文字の大きさ、色が調節できません。

A:CSS(スタイルシート)のメタタグはHAED内に記述されていますか?

<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css" />

 またはスタイルシートの表記をミスしていないか、お確かめ下さい。


Q:テキストが文字化けしてしまいます。

A:正しいURLエンコードが入力されていない可能性があります。
 また、phpやcgiなどのウェブプログラムが一部破損していないか、
 確認をされてみて下さい。

ブログの場合

通常のホームページと違いブログの場合は、多くのサービスで
独自のカスタマイズ用変数が用意されています。

主なWEBLOGサービス一覧表
  • FC2
  • はてなダイアリー
  • seesaa
  • TypePad
  • Yahoo!
  • JUGEM
  • ウェブリブログ
  • 楽天
  • ココログ
  • goo
  • Windows Live
  • Ameba
  • 忍者ブログ
  • So-net
  • Blogger
  • イザ!
  • ライブドア
  • ヤプログ
  • エキサイト

テンプレートやプラグインをいじっていたら突然全ページが真っ白に
なってしまった、という時は、変数を消してしまったり、ウェブ広告など
必須のコードタグを削除または文字変更してしまった、という場合が多いです。

(または非表示・プライベートモード設定になっているケースもあります)

ブログのHTMLソースを変更したい時には、事前にメモ帳(Notepad)などに
コピーペーストして更新前の状態のソースを保存しておくとよいでしょう。

以前のソースのバックアップデータを取ってなくてわからなくなった場合は
同じテンプレートか別のテンプレートをダウンロードして適用する事で
大体は直す事が出来ます。

インターネット上にのみ保存されているデータは一度消えたり変更されると
通常のデータ復元方法では元に戻す事は出来ないため、エクスポート機能や
コピー&ペーストでこまめにバックアップを取っておかれることを推奨します。

ですがサービスによっては、ログがある程度の期間保存されている
予備システムが用意されていたり、直接お問い合わせをされてみる事で
一度消えたコンテンツを復旧してもらえる場合もあります。

 






ファイルの破損・エラー | (X)HTML/CSS
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-604.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.