データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードディスクのモーターが回転しない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハードディスクのモーターが回転しない時は?
ハードディスクドライブを搭載しているコンピューター機器
パソコン・サーバ・外付けHDDドライブ・LinkStation・Landisk・レコーダー】などの
電源を入れて起動させようとしたらまったく反応が無く、
モーターの回転音がしないため不安になってしまう、というトラブルについて。

まず、どのような状態の時に故障したかにもよるのですが、
該当されるデジタル機器を持ち運んで移動させた直後や、
マシンの中身の分解・交換をしていない平常時で
ある日いきなり起動できずに動かなくなった、という場合は要注意です。

ハードディスクのモーター軸かヘッドが古くなって損壊した、
という重大な故障を引き起こしている可能性が極めて高いです。

一方で、以下のような破損状態の場合はHDDそのものには異常が無く
他のパーツが壊れているか、接続が出来ていないだけ、という場合もあります。

HDが回らない原因の一例



・ノートパソコンを外に持ち運んでいる間に強い衝撃で内部部品の接続が外れた。

・自作PC組み立て時のコード接続ミスで、ハードディスクが起動できない。

・HDD交換をした時、しっかりとドライブに繋げられていない。

・電源コードがしっかりとコンセントに入っていない。

・起動ボタンが強く押し過ぎなどの理由で壊れてしまっている。

・停電・漏電・落雷・水害・過熱などの災害やアクシデントにより、
 電源ユニットやマザーボード・基盤がショートしている。



ハードディスクドライブ以外のパーツに問題があるためモーター音が聴こえない場合は
 まだ症状は大分軽い方で、正常な接続や部品の取替え作業をして直す事が出来ます。

しかしHDDの内部にあるモーター軸が焼き付きを起こしていたり、
ヘッド部分がディスク版面に吸着してモーターの回転を止めている場合は
中身が壊滅的に破壊されている事も多く格段に難しくなってしまいます。

パソコン機器を長く使用されている方には、今までにHDDのクラッシュ
遭遇されてしまった事のある方も多い事でしょう。

ハードディスクの復旧は論理障害の時でしたらまだ見込みがあるのですが
物理障害が起きていると内部ファイルの引き出しを専門業者の方で
何とか行ってもらえる、くらいしか対処が出来ません。




もちろんハードディスクは新品への交換は安価で簡単に行えるのですが、
壊れた方は修理がほぼ不可能であるくらいにデリケートな機材で、
また個人で中身のデーターを取り出す事はできません。(論理障害を除く場合)

内部が物理的に壊れているため自力では直しようがなく、
また何度も無理に起動させようとしたり、振動を与えたり分解をするなどの
やり方では逆に基盤や記憶部分(セクタ)にまで致命的な傷が付いたり、
中身に埃や小さなごみが入ってしまい、かえって状態を悪化させてしまいます。

HD内部の物理的な損壊と思われる理由でモーターが回転しない時は、
すぐに通電と起動・接続を全て中断してそれ以上のダメージを与えないようにします。

壊れたHDDは新品に交換すればまた機器を使えるようになります。
自分での換装作業が難しい、という時はメーカーの修理サポートまたは
お近くのパソコン修理サービスにて交換修理を行ってもらうと良いでしょう。

中身のファイルやプログラムを引き出したい時は、データ復旧サービスセンターにて
抽出してもらわれることをお薦めします。

 






ハードディスクドライブ | hdd 修復
コメント
東芝DVDレコーダーの中の3.5インチHDDのモーターの故障について
はじめまして。

東芝DVDレコーダー、型名、DBR-Z110の故障について、お伺いします。

勝手ながら東芝社製のDVDレコーダーの中にあります同じ型名の3.5インチHDDを取り外して秋葉原の中古パソコン店で購入しました中古の3.5インチ、WesternDigital社製、HDDを入れ替えました。

HDDのモーターの雑音は消えましたが、テレビ画面に表示されます、初めの故障時の故障の表示内容とは 変わりませんでした。

私、素人ながらの推測ですが、やはり、東芝DVDレコーダーの中の、その3.5インチHDDの中に、東芝DVDレコーダー製造技術者でなければ設定できない、初めから初期設定の何かが定められていると思います。

 その特殊データを書き込まないと電源の起動時に、3.5インチHDDが認識できないので、 それで、やはり、3.5インチHDDが、故障した時の故障状況の故障の内容しか、表示されないのでは、ないでしょうか。

 以上で恐縮ですが、ご助言を頂けましたらと思っています。
よろしく、ご指導のほど、お願い致します。
石原健二

>石原様
はじめまして。
ただいま、確認いたしました。

申し訳ありません、こちらのページの記事は数年前に記入した内容でして、
近年に登場したブルーレイ対応等の製品には
当時よりも更に複雑な設定などが必要になっている可能性もあり、

上記の本文での説明が不足していたようなので、
後日、改めて近年の製品の詳細についても追記いたします。

東芝ブルーレイ・DVDレコーダーのDBR-Z110の製品は
まだこちらで入手していないので今すぐには確認ができずに
申し訳ないのですが、一通り調べてみました。

ひとまずこちらの参照ページをチェックしてみました。
http://ponpokotarou.blog.fc2.com/blog-entry-24.html
http://misaki.sitemix.jp/rds303.htm

お使いのレコーダーにも対応できるか難しい所ですが、
どうぞ作業の参考にされてみてください。
管理人

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-602.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.