データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

[巡回冗長検査 CRCエラーを修復するには?]のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


巡回冗長検査 CRCエラーを修復するには?
巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check:略称 CRC-シーアールシー)とは、
パソコンやCD、DVDディスクメディアといった媒体でのデータが
出力先の装置への転送や格納、上書きなどの処理が正常に行われているかどうかを
チェックするためのエラー検出システムです。

「誤り検出方式」(error detecting system-エラー・ディティクティング・システム)
とも呼ばれ、CRCのほかにパリティ・チェック(奇遇検査)や
ハミングコードチェックといった、冗長ビット数の検出方式もあります。

しかしこれらの媒体の読み込みやアクセス・接続・データ移行/削除を行う際に、
時々『巡回冗長検査(CRC)エラー』と表示されて動作ができない事があります。

主な原因に、ハードディスクのエラーの読み取り不良や誤り制御の失敗、、
CD・DVDディスク/ドライブの傷や汚れによる読み取り不良、
ファイルの焼き込みミスやコピープロテクト、空き領域の不足などがあります。

復旧の手順


まずは、ディスクの読み込み面にキズや埃が付着していないか、
またはデータ書き込みができないように設定されていないか、お確かめ下さい。

版面に付いた少々の引っかき傷や付着物程度でしたら、
ディスククリーニングの研磨機にかけて修復する事できます。

・パソコンのHDDに問題がある場合は、まず空き容量が十分に
残っているかをマイコンピュータのプロパティ画面で確認して、
ゴミ箱を空にする、またディスクデフラグやクリーンアップを行いましょう。

(データ記憶メディア自体に大きな傷が付いたりケースやチップが割れてる場合は
それ以上の使用を続けるだけで破損がさらにひどくなるおそれがあるので
一度取り外して、専門のデータ復旧業者の方での診断サービスに出してみてください。)

・次にローカルディスク(C:)のプロパティ⇒ツール⇒エラーチェックの
『チェックする』をクリックします。

・ディスクのチェックローカル ディスク(C:)画面で
「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクタをスキャンし、回復する」
にチェックを入れて『開始』を押します。

・『再起動後にこのディスクの検査を実行~』で「はい」を押して、
一度パソコンを再起動をします。

検査・CRCエラー修復の自動作業には状態次第で多少時間がかかります。
そして無事完了したら、終了です。

しかしそれでも、版面の破損状態などで巡回冗長検査(CRC)エラーが
発生し続けてしまい、なお直らない場合も多いです。

その際には内蔵ハードディスクドライブをを別のものに交換してみるか
別のPC本体でも試しに読み込ませてみましょう。

それでも直らない時は、CD/DVDディスクを各地のデータ救出サービス店にて
エラーの原因をチェック・診断してもらい、修復をしてもらう方法がお薦めです。





DVD-RAM/RW | エラー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.お書き込みいただけたコメント文は、管理者の承認後に一覧に表示されます。

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できるかと思います。
















URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-599.html
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.