データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【物理フォーマットでデータは全消去される?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


物理フォーマットでデータは全消去される?
データ記憶メディアをフォーマットする、とは、一度初期化させて
中身のファイルを全部消して真っ白にする事ないし、
新しいデータを書き込みできる状態にする作業の事です。

論理フォーマットによる初期化


種類は『物理フォーマット』(ローレベルフォーマット)と
『論理フォーマット』に分かれていまして、書き込みディスク等を
一番最初に使う前には一度、物理フォーマットを行う必要があります。

その後、新しいファイルやシステムを書き込んでいく作業が
論理フォーマットになります。

しかしその上から更に物理フォーマットをかけるともう一度
初期化してまたデータの書き込み容量を真っ白にした状態にできます。

ハードディスクドライブのセクタを書き直す作業、
またMOやCD/DVD/ブルーレイディスクなどの外部記録媒体の埋まった容量を
白紙に戻す際には便利です。

ローレベルフォーマットで全消去したデータは、普通にファイルを削除するよりも
データの痕跡が残りにくく、誤って必要なファイルまでまとめて初期化で消すと
元に戻せなくなる可能性が高いのでご注意下さい。




消えたファイルの再構成


記録装置を初期化しても完全削除できているとは限らないため
そのままフォーマット後の記憶メディアを廃棄処分したり譲渡・売却して、
万が一悪質な第三者に渡って復元をされて、データを不正に利用されてしまう
危険も0ではありませんので、処分の際にはご注意下さい。

データ完全消去サービスまたは専用ソフトで念を入れて重ねがけをされるのが
セキュリティ保護の上でも望ましいでしょう。

逆にうっかり間違えて物理フォーマットしてしまい大事なファイルが消えた時、
完全に復元できないとは限らず、専門のデータ復旧サービスセンター
の方でしたら、物理フォーマット直後の段階なら一定の修復率で
HDDセクタ内部の痕跡を探って再構築して元に戻してもらえます。

 






初期化・フォーマット後 | フォーマット
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-596.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.