データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【USBメモリの差し替えでデータが開かない時の復旧方法は? 】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


USBメモリの差し替えでデータが開かない時の復旧方法は?
USBメモリを複数のパソコン同士でデータを差し替えながら使っている際に、
たまによくわからない状況で一部のデータやソフトウェアが開かなくなったり、
動かない場合での、考えられそうな原因と復旧の方法は?というご質問について。


まず、USBコネクタをパソコンの別のポートに差し替えてみてください。

また、コネクタにゴミや埃が挟まっていないか、見て確かめてみます。

MacBook Airなどに差し込んでいる時、USBメモリが高熱を帯びて、
しばらく置いて冷まさないとデータが開かない場合もあります。

近年のUSBメモリは8GBや16GB、32GB、64GB~と大容量で安い製品が
標準で販売されているのですが、その分、一度に書き込みやコピーペースト、
移し変えなどの作業が出来る量も多くなっていきます。

たまにその一部のデータがエラーや読み込み不可設定などで正常に書き込まれず、
警告メッセージを非表示にしていたり、気づかなかった、というケースも起こりえます。

また、数年以上の間でかなり頻繁に使用していると、次第に製品の劣化が起こります。

どうしても多少は障害が出てしまい、仕方ないことなのですが、
すでに一つのUSBメモリを何千回も使っている場合は、新しい物に交換をしてみましょう。

ファイルを誤って削除されていた場合は、ファイナルデータなどのデータ復元ソフトでスキャンを施すか、
プロのデータ復旧サポートセンターに出して修復を行ってもらわれることをおすすめします。




また、たとえばデータ補助記憶装置であるフラッシュメモリのひとつ、【NAND型フラッシュメモリ】
(読み:ナンド型フラッシュメモリ)は、NOR型フラッシュメモリよりも記録セルの構造が小型で、
USBメモリーカードやSSD、携帯といった記録媒体に使われています。

フラッシュメモリは使用したことのある方であればご存知、容量の少ないものでも256MB、
さらに近年の製品でしたら8GB~128GBもの大容量を記録できまして、
更に消音かつ低電力で使用できるメリットがあるのもポイントです。

しかしファイルの書き込み・書き換えの際、特に一気に大量のデータを記録しようとすると、
たまにボリュームが開かないエラーが起きてしまう事もあります。

外部記憶媒体という点もあり、さすがにまだ内付けハードディスクほど
動作が確実的には安定していない、という部分もあります。

特にNAND型フラッシュメモリの方は ややエラービットが発生しやすく、
また書き込みが出来る回数も無限ではなく上限があるため、
何年も使って数百回~数千回(製品によって寿命の期間は違います)と、
保存・消去を繰り返して機器としての限界を迎えると認識ミスが起こります。

使っているうちに次第にフラッシュメモリにエラーが出始めてきたら、
そのままでの無理な仕様は控えて、基本的にNAND型とNOR型どちらでも良いので
新しいフラッシュメモリに買い換えて新品に交換される事を推奨します。

しかし古い方のデータ移し変えが正常にできず、一部のファイルが
エラーで読み出せなかったり壊れた、消えた、開けなくなった、といった場合は
無理に読み込みを行うとかえって破損が悪化する可能性が高いです。

この場合は基本的に、専門のデータ復旧センターに注文をして、
データーを取り出す検査と抽出作業を行ってもらわれることをおすすめします。

 





USBフラッシュメモリ | フラッシュメモリ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-581.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.