データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【パソコンのデータ漏洩に備えたセキュリティ対策とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


パソコンのデータ漏洩に備えたセキュリティ対策とは?
パソコンには個人ファイル、または社内の企業情報などをはじめ、
貴重なデータが大量に入っているため、セキュリティー管理をしっかりしていないと
個人情報やプログラム、社内機密事項といったデータの漏洩(ろうえい)の危険も出てきます。

そこで、アンチウイルスソフトやファイアウォールといったセキュリティ機能を
セットアップして常時稼働させておく事が必須になります。


なぜ漏えい予防が必要?


コンピューターのハードディスクやフラッシュメモリでは、ウェブページや電子メールを通して
ネットワークからコンピューターウイルスの有害プログラムが侵入して、
貴重なデータが感染して破壊されてしまう危険もあります。

また、スパイウェアやトロイの木馬などの危険なプログラムが、
インストールしたファイルに含まれていることもあります。

そのため、セキュリティソフトやガード機能のセットアップが必要です。

会社内・団体内の共有パソコンも、万が一に備えて、部外者の第三者によって
貴重なデータが持ち出されたりコピーされたりしないようにするため、
自宅や事務所、学校、会社内から持ち出す時や、コンピューターを売却、廃棄する時は
迂闊に盗難やコピーの被害に遭わないように細心の注意と対策が必要です。

ハードディスクをはじめ、SDメモリーカード・MO・CD-RW・DVD-RAM・BD-RE・USBメモリー、
RAID、NAS、サーバといったあらゆるデータ保存媒体が寿命で故障した際には、
万が一の第三者による回収の被害の可能性を考慮して自分で割るなどして破壊した後に廃棄、
または信頼できる業者にお願いするのが、一番確実な方法です。




残ったファイルの確実な削除作業


ハードディスクなどのデータ記録装置を廃棄処分される前には必ず、上記のような方法で
ファイルの消去を行い、拡張子の痕跡を残さないようにしましょう。

もしも知らない誰かにデータ記憶メディアを何かの偶然で拾われたりして、
個人情報やID、パスワード、クッキー、履歴、住所録、開発プログラム
といったプライバシーのデータを読まれてしまうと一大事です。

捨てる前には読み込み不可能にするよう一度フォーマットして、
その後、専門業者に破砕消去を注文されてみるのもおすすめです。

また、重要なデータをバックアップしたHDDやDVD-Rは、データ記憶メディアを
保管できる金庫に入れておいたり、またはクラウドストレージに保存するなど、
犯罪や災害の対策を施しておかれる事もおすすめします。

 





セキュリティ対策方法 | セキュリティ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-58.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.