データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【割れたメモリーカードからファイルを取り出すには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


割れたメモリーカードからファイルを取り出すには?
デジタルカメラの写真画像ファイルやデジタルビデオカメラのムービーのデータ、
エクスポートした電子メールの履歴、パソコンの作成ファイルをはじめ、

拡張子ファイルといったデジタルデータはご存知、専用メモリーカードで
USBポートからカードリーダーやケーブルを通して接続して、
パソコンと他のコンピューター機器とのデータの移行やバックアップができます。

SDHCカード

いっぱいになった空き容量の入れ替えなどで、よく頻繁にファイルの保存を行うために
USBカードリーダーやデジタルカメラ本体から繋ぐUSBケーブルで
メモリーカード内部のデータの取り出しをよく行っていくことになります。

主な外部のデータ記録媒体には、1.8インチHDD2プラッタ、ExpressCard/54、
ICカード、iVDR、microSDXCカード、SDメモリーカード、SIMカード、USBFlashCard、
USBメモリ、xD-PictureCard、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、
トランスフラッシュ、マイクロドライブ、マルチメディアカード、ミニチュアカード、
メモリースティックDuo、など数多くの製品があります。

これらのデジタル記録カードは外見の通り、大きさは縦横数cm、厚さは数㎜ほどで、
取り外しや持ち運びの際に、うっかり強く押してしまい割れてしまうトラブルも珍しくありません。

一般の方が自力で、割れたカードからデータを取り出すのはほぼ不可能なため、
まずは専門の「データ復旧サービスセンター」(物理障害を取り扱ってもらえる業者先)に
連絡をして破損状態を伝えて診断をしてもらうことが、最も確実な方法になります。




物理的な破損の一例


・外装のプラスチックが割れたりひびが入ってしまった。
・カードリーダーに差している時に斜めに曲がってしまった。
・真っ二つに折れたり切れてしまった。
・うっかり下に落ちていたカードを足や物で踏みつけて割ってしまった。
・差込の際に逆向きに強く押して、差込み口が欠けてしまった。
・飲み物を倒して思い切り記録カードが水をかぶってしまった。
・画鋲や針など先の尖った物が刺さってしまった。
・むき出しの金属差込部分に大きな傷が付いた。
・水気の影響でさび付いてしまった。
・強烈な火気や熱気で融解してしまった。


こうした物理的な破損が原因でメモリーカードがデバイスマネージャ(マイコンピュータ)で
中身のファイルが読み込めなくなってしまうとやっかいです。

メモリーカードの破壊されている場所にもよるのですが、
データの記録部分さえ無傷であれば内部パーツの取り出し作業による
読み込みで、他の記録媒体に移し変えてもらう事が出来ます。

高熱でひどく融解したり、真っ二つに激しく割れたりするなど損壊が大きい場合は
難しくなってくるのですが、その状態でも復元できる可能性もありますので決してあきらめずに、
一度は破損状態の診断をデータ復旧サービスの方で受けてみる事をおすすめします。

 





メモリーカード | フラッシュメモリ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。








URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-578.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.