データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハギワラシスコムSDメモリーカードTシリーズHPC-SD1GT-A 1GBのerror】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハギワラシスコムSDメモリーカードTシリーズHPC-SD1GT-A 1GBのerror
半導体メモリ・通信機器メーカー:『ハギワラシスコム』の
【SDメモリーカード Tシリーズ】とは、
NTTドコモやau、イーモバイルなどの端末にも対応されているSDメモリーカードです。

SDカードの読み込み

主に32MB~から2GBまでのデータ容量媒体があります。

例:[ハギワラシスコムSDメモリーカードTシリーズHPC-SD1GT-A 1GB]

Tシリーズ一覧
  • 32MB HPC-SD32T
  • 64MB HPC-SD64T
  • 128MB HPC-SD128T
  • 256MB HPC-SD256T
  • 512MB HPC-SD512T
  • 1GB HPC-SD1GT
  • 2GB HPC-SD2GT


2009年現在はmicroSD/miniSDカードが主流になりつつあるのですが、
ハギワラシスコムSDメモリーカードTシリーズHPC-SD1GT-A 1GBなどのカードも
今もインターネットッショップを中心にINDEXされていまして、
数百円~数千円くらいの販売もされています。

この型番、SDカードとしてはやや古い規格であるためか
ハギワラシスコムSDメモリーカードTシリーズhpc-sd1gtの1GBあたりをはじめ、

動画など容量の大きい拡張子ファイルの書き込み、読み出しに転送速度が間に合わないためか
error(エラー)がたまに発生してしまうケースも起こる様子です。

以前のポータブルデバイスの装置をお使いの場合、データ記録媒体には少し前の世代の
SDメモリーカードの規格しか読み取りできずに実質、差し込めない物もあります。

最大クラスの1GB~2GBギリギリかそれ以上の容量をコピーさせたい時は
ファイルを分割して2回以上に分けてパソコンに移し変えるか、
携帯電話の受付窓口で行ってもらう方法が有効です。




現在ではmicroSDHCメモリーカードなどへのコピーを経由させずとも
直接パソコンにUSBポートから同期できる最新機種も登場しているのですが、

少し以前の世代のモバイル・コンパクト電子機器製品で大容量のデータを
『ハギワラシスコムSDメモリーカードTシリーズhpc-sd1gt』などを用いて
取り扱いたい時には、こうした一工夫が必要になるケースもあります。

また、ハギワラシスコムSDメモリーカードTシリーズに書き込んだはずの
ファイルが認識エラーや損壊トラブルなどで読み出せなくなった場合は、

ファイナルデータなどのデータ復元ソフトウェアか、専門のデータ復旧センターにて
ファイルの痕跡を復元して元に戻す事も一定的な確率で可能です。

 






SDカード | エラー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-567.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.