データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【以前のバージョン機能でシステムの復元を実行する手順】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


以前のバージョン機能でシステムの復元を実行する手順
Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)のBusiness・Ultimateエディションに
搭載されていますシステムの復元機能の一つ、
『以前のバージョン』を用いた、データ復元を行う操作の手順を詳しくご説明します。

この機能は、ドキュメントを元の保管場所に貼り替えるだけでなく、
別のフォルダにコピーして作成させる事も可能なシステムです。

まずはパソコンを起動して、デスクトップ画面左下のメニューにある
スタートメニュー一覧の、「ドキュメント」を右クリックして
プロパティを開きます。

ドキュメントのプロパティ画面で【以前のバージョン】タブを開き、
フォルダのバージョンの項目にある保存データを選択して『復元』を押します。

(ここで複数のドキュメントが表示されている時は、『開く』を押して
各データの内容を確認する事ができます。)

前とは違う場所に復旧させたい場合は『コピー』を押して
「項目のコピー」で表示されたフォルダ一覧から場所を選択して
もう一度「コピー」を押して実行しましょう。

確認画面でもう一度『復元』を押します。




次の動作で【対象のフォルダへのアクセスは拒否されました】という
ダイアログボックスが表示された時は
『すべての項目にこれを実行する』にチェックを入れて、スキップを押します。

【フォルダは以前のバージョンに正しく復元されました。】と
表示されましたらOKを押して、修復作業が完了です。

Windows XP以前のOSとVistaのホームベーシック・ホームプレミアムには
以前のバージョン機能は使用が出来ませんのでご注意下さい。

外付けメディアに保存しておいたバックアップデータからの移し変えや、
データ復元ソフト・サービスにてファイルの復旧を行われる事を推奨します。

 





システムのリカバリー | Windows Vista
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-565.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.