データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【削除したファイルを修復できる状態とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


削除したファイルを修復できる状態とは?
パソコンにあるファイルを一度削除して更にゴミ箱の中身も消してしまうと、
一見、完全にデータが失われたように見えるのですが、
これは画面の表示上では消えているだけで、ハードディスクの未使用領域となった
クラスタ部分にはまだデータの痕跡が残っていまして、大抵はすぐには消えません。

ハードディスクドライブの記録を管理するファイルシステム(WindowsではFAT16・FAT32・NTFSなど)は
ディスク表面にあるセクタという512バイトおきの記録部分で構成されています。

更にセクタをまとめたクラスタ(ファイル・アロケーション・ユニット)が
ありまして、これらの領域にパソコンのファイルは順に書き込まれます。

未使用領域からの復旧


不要なファイルを削除すると、まずパソコンのシステムはHDDからデータを消す前に、
保存した部分を「未使用領域」に書き換える作業を行います。

この段階でしたら、ファイルシステムには削除した、という情報が
書き込まれているのですが、クラスタにはまだファイルが残っています。

なのでデータ復元ソフトウェアやデータ復旧サービスにてクラスタスキャンして、
まだ残存しているファイルを引き出す事が可能です。

しかし消した後のパソコン作業で何かのファイルを作成またはダウンロードして、
未使用領域になっているセクタ部分に書き込むと前にあったクラスタのデータは上書きされます。

こうなってしまうと完全消去に近い状態になり、修復が難しくなります。

一度消したファイルを元に戻す場合はすぐに修復作業を行うべき、
というのは、HDDの構造がこういった仕組みであるためです。




また逆に不要になったハードデイスクなどの記憶装置は、一度全部のデータをフォーマットや
手作業で消去しても、まだプラッタ(カートリッジの内部のシリンダーに収納された円盤)の
セクタの領域には書き込みされた拡張子の痕跡が残っている可能性が高いため、
もしも補助記憶メデイアを捨てた後で悪質な第三者に拾われると、データ漏洩の危険があります。

なるべくであれば廃棄処分する前に、一度専用ソフトかデータレスキュー業者の方で
セクタを含めたデータ完全削除を行ってから処分した方が安全です。

デリート作業の後で完全消去の証明書を発行してもらえます。
また、物理的に破砕消去処分してもらうことも可能です。

あまり何千、何万回、と新しくデータの書きこみをしていなければまだ
一度削除したファイルを修復できる見込みはありますので、データ復旧センターにて
補助記憶装置を提出してスキャンを行ってもらわれることをおすすめします。

 





消去した拡張子を直す | ファイルのサルベージ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-562.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.